こんばんは。

菅原文太です。

 

昨日はコインチェック会見がありましたね!

大塚氏から「来週からNEMや一部アルトコインの取引を再開する」という言葉が聞けて、ホッとした方が多いのではないでしょうか。

参考:コインチェック記者会見内容(2018年3月8日)

 

さて今回は、ビットコイン暴落について書いていきます。

  1. 1.ビットコイン暴落、3つの背景
  2. 2.今後の値動きについて
  3. 3.おわりに

1.ビットコイン暴落、3つの背景

ビットコインが暴落している背景は以下3つの背景が考えられます。

どれも話題性のあるネタですね・・。

  • ・大手取引所バイナンスでBOTハック発生(不正流出は防いだ)
  • ・中国規制当局、仮想通貨取引所の接続をすべて遮断
  • ・マウントゴックス社、これまで400億円相当の仮想通貨を売却したと発表

マウントゴックスについては前回の記事をご参照ください。

参考:マウントゴックス、430億円相当の仮想通貨を売却

 

◇ビットコイン/円 4時間足チャート

 

先月あたりから3/19(月)から始まるG20に向けて、各国で規制やガイドラインのニュースが増えてきました。

この影響で、「G20が通過するまでは様子見」という投資家が増えてきた印象です。

それで買い気のない相場になり、今回の悪材料が沸いて、支えるもの無くビットコインの暴落に繋がってしまったのではないでしょうか。

2.今後の値動きについて

このまま下落していくと予想します。先ほど述べた通り、G20通過待ちの投資家が多い印象だからです。

また、「マウントゴックス問題」もしばらく尾を引きそうです。1600億円がどのように売られるか詳細が分からないため。

ひとまずはG20の通過を待ち、マウントゴックスの今後については続報待ちといったところでしょうか。

3/19(月)、20(火)に出るG20情報に注目したいと思います。

3.おわりに

来週のコインチェック再開に向けて、さりーちゃんがTwitter上でアンケートを取ってくれました。

この結果から予想を立てますと、8割超のユーザー再び仮想通貨取引をする事になりますので、ビットコインや一部アルトコインが上がるかもしれませんね。(NEMだけで26万人ですから、全体はもっと多いはず)

もし、引退回答が多ければ、DMMビットコインなどでアルトコインのショートをするパターンも有りでした。

出所:Twitter

 

とまぁ、このような予想を立てるのも楽しいものです。

しばらく相場は上がりづらい雰囲気ですが、心に余裕を持った投資をしていきましょう。

 

それでは。

 

ビットコインFXの取引をするなら、国内最大手の取引所bitFlyer↓↓

 

 

※本記事の意見や予測は、筆者の個人的な見解であり、金融商品の売買を推奨を行うものではありません。
投資にあたっての最終決定はご自身の判断でお願いします。