Original article:AirDrop(エアドロップ)について知っておきたい4つのこと

 

仮想通貨のプロジェクトで耳にする「AirDrop(エアドロップ)」とは無料で仮想通貨やトークン(※)が配布されることです。元手となる資金が不要なため、空から降ってくるイメージをもとに「AirDrop」と呼ばれています。

今回は、このAirDropについて、その効果や参加方法などを解説していきます。

※本稿では語弊のある表現を避けるために仮想通貨やトークンといった表現を「トークン」で統一しています。

AirDropとは

AirDropとは無料で仮想通貨(トークン)を配布することでした。そもそも、トークンの普及において、ユーザーの獲得は非常に重要な要素となります。これはそのトークンが広く流通することで、基盤となる経済圏を広げつつ、取引が活発に行われることを目的としています。
つまり、AirDropとはそのプロジェクトのマーケティング戦略として重要な意味を持っています。

AirDropの利点

ICOなどの仮想通貨関連プロジェクトはまだまだ信頼性の面で問題があります。投資家保護の体制も未発達なため、詐欺案件などが横行することもあります。
しかし、AirDropでは元手を必要とせずトークンを受け取ることが可能です。そのため、投資家サイドから考えれば、所定の手続きさえ踏めばトークンを受け取ることができるため、非常に利用しやすいシステムとなっています。
ただ、AirDropに関するリスクも相応に存在しているため、後述する注意事項をしっかりと理解した上で利用しましょう。

AirDropの種類

AirDropには複数の方法があり、以下の2つに大別できます。
①    保有量対応型
②    スケジュール型
以下、その方法について説明します。

保有量対応型

ビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETH)などのプラットフォーム通貨、stellar(XLM)のような知名度の高い通貨の保有者に対して行われます。プロジェクト運営サイドが上記の通貨保有者に対して、SNSなどを通じてAirDropを行うことをアナウンスします。このような形式から、イメージとしては運営サイドから通貨保有者に対しての配当に近いものとなります。

スケジュール型

マーケティング戦略の一環として、SNSなどを通じて行われます。こちらは運営サイドによって仕様が異なることもあり、公式テレグラムやツイッターといったSNSアカウントのフォロー・リツイート等の成果に応じて配布されることがほとんどです。

AirDropの事前準備

AirDropを受ける前に、必要なものを確認しておきましょう。

メールアドレス

基本的には、GmailやYahooメールなどのインターネットアカウント経由のメールアドレスで問題ありません。管理上の注意点として、普段使っているメールアドレスと分けておくことをオススメします。

ウォレットアドレス

イーサリアムアドレスに代表される、AirDropを受け取るためにウォレットアドレスが必要になります。ここでいうアドレスとは取引所のアドレスではなく、MYEtherWalletのような個人で管理することのできるウォレットのアドレスです。このようなアドレスは、秘密鍵を自己責任で管理するため、セキュリティ意識を持って利用しましょう。
ウォレットについて、詳しく知りたい方は「イーサリアム(ETH)のおすすめウォレット7選:特徴や目的別の使い方を解説!」をご覧ください。

Twitter、TelegramなどのSNSアカウント

AirDropを受けるためのキーとなるアクションをアカウント上で行うことが多いため、用意しておきましょう。また、プロジェクト進捗や追加のAirDrop情報などを入手するためにも、運営サイドからのアナウンスは定期的に確認することをオススメします。

 

ここまでAirDropの種類や参加方法について解説してきました。ウォレットの作成など、慣れない方はしっかりと手順や説明を確認して行いましょう。

続けて、AirDropに関する注意事項について、下記のリンクよりご覧いただけます。

AirDrip(エアドロップ)について知っておきたい4つのこと

 

【新着記事】
2018年9月10日仮想通貨価格分析:ビットコイン(BTC)・イーサリアム(ETH)・リップル(XRP)
Vol.16:FinAltウィークリーアップデート 仮想通貨価格と市場動向を徹底分析
9月5日からの仮想通貨暴落は本当にGSが震源か
イーサリアム(ETH)マイニング報酬減額決定:インフレ抑制で価格上昇なるか

 

<本記事ご協力>

ビットコインなどの仮想通貨をまとめたメディア『FinAlt』が提供

Fintech、仮想通貨総合メディアFinalt

finalt