コインチェックは12日、同社が運営する仮想通貨取引所「Coincheck」の仮想通貨の入金・購入を再開すると発表した。

同社は、2018年10月30日に新規口座ならびに一部仮想通貨の入金・購入を再開していた

 

11月12日より再開するサービスは以下のとおり。

一部仮想通貨の入金 

  • ・入金再開対象となる仮想通貨:ETH・XEM・LSK

一部仮想通貨の購入

  • ・購入再開対象となる仮想通貨:ETH・XEM・LSK

同社がこれまで再開してきた各取扱仮想通貨のサービス・機能は以下のとおり。

出所:Coincheck

◇現在利用できるサービス(2018年11月12日時点)

  • ・新規口座開設(国内居住のユーザー)
  • ・仮想通貨の入金、購入(BTC・ETC・LTC・BCH・ETH・XEM・LSK)
  • ・仮想通貨の出金、売却(全取扱仮想通貨対象)
  • ・日本円の入金、出金
  • ・レバレッジ取引における決済、証拠金の入出金 (レバレッジ取引でポジションを保有されているユーザーは、引き続き決済取引および証拠金の振替入出金が可能。新規の取引は引き続き停止中となるため注意。)
  • ・Coincheck貸仮想通貨サービス(全取扱仮想通貨対象)

 

◇再開準備中のサービス・機能(2018年11月12日時点)

  • ・仮想通貨の入金、購入(XRP・FCT)
  • ・レバレッジ新規建取引
  • ・アフィリエイト
  • ・日本円コンビニ入金
  • ・日本円クイック入金(Pay-easy)
  • ・Coincheck Payment
  • ・Coincheckでんき

ネム(XEM)、リスク(LSK)が急騰

◇ネム/円(XEM/JPY)5分足チャート

出所:Coincheck

今回の発表を受けてか、ネム(XEM)、リスク(LSK)が急騰。一時ネムは16円、リスクは330円を超えた。

サービスが着々と再開していることを受けて、交換業認可への期待が高まったとみられる。

カバー先の米Poloniexがネム(XEM)14円台を記録

海外の分析サイトCoinlibによると、コインチェックのカバー先である米Poloniexのネムが急騰。

海外の主要取引所のなかでは最も高い14円台を記録した。

出所:Coinlib

 

残るはリップル(XRP)とファクトム(FCT)の入金、購入再開である。

次の吉報を待て。

【関連記事】
【速報】コインチェックが新規口座開設を再開、30日から
新・コインチェック、2ヵ月を目標に再開目指す