仮想通貨のマイニングに使用されるマシンは、これまで何度か移り変わってきました。

仮想通貨の存在そのものがまだ無名だった頃は、家庭用のパソコンで十分採掘をすることができましたし、その時のマイニングの主役はCPUでした。

しかし、マイニング競争でパワーを求めた結果、主役はCPUからGPUへと代わり、次第にASICが主力となっていきます。

CPU、GPU、ASIC...次々と新しいものが登場して、仮想通貨でいったい何が起きているのかと思われている方も多いと思います。

そこで今回は、マイニングに使用されるマシンの変遷について、前編と後編に分けて解説していきます。

CPUから始まった仮想通貨マイニング

冒頭でも触れたように、もともと仮想通貨のマイニングはCPUが主役でした。

CPUとはパソコンの頭脳にあたる集積回路で、それは今も変わっていません。

古くは「ペンティアム」、今では「Core i7」などが市場で大きなシェアを持っているので、聞いたことがあるという方も多いと思います。

アメリカのインテル社が開発・製造しているCPUなので、これらが搭載されているパソコンには「Intel Inside」のシールが貼られ、テレビCMでは「インテル、入ってる」というキャッチコピーが入っていました。

仮想通貨がまだまだ無名でマイニングをしている人が少なかった頃は、このCPUを使ってマイニングをしている個人がたくさんいました。

これで十分採掘ができたので、今から思うと実に牧歌的な時代です。

GPUが仮想通貨マイニングの主役に躍り出る

ご存知のように、仮想通貨マイニングは最初に台帳記録をした人にのみ報酬が支払われます。

ビットコインなど仮想通貨が暴騰ともいえるような値上がりとしたため、このお宝を採掘しようとする人が急増、マイニングのパワー競争の幕開けとなりました。

そこで注目されたのがGPUです。GPUとはCPUと名前が似ていますが、グラフィック機能に特化した演算装置です。

美しい3Dのグラフィックがふんだんに使われているようなゲームをスムーズに動作させようとするとCPUの処理能力だけでは追いつかず、グラフィック機能専用の演算装置としてGPUが使われます。

GPUが搭載されているボードはグラフィックボードと呼ばれ、パソコンの拡張スロットに装着することでグラフィック機能が飛躍的に向上します。

このように、GPUは本来グラフィック機能のための装置です。

しかし、これが仮想通貨のマイニングに適しているということが分かり、マイニングの主役はGPUに移ります。

GPUが1つだけでは処理能力に不足があるということで、マイニング専用のマザーボードが登場します。

マザーボードとはパソコンを組み立てる時の基本になる基盤で、ここにCPUやメモリ、記憶装置などを接続してパソコンが成立します。

普通はこのマザーボードにグラフィックボードは1枚でいいはずなのですが、マイニング専用のマザーボードはなんとグラフィックボードを接続できる拡張スロットが8つもあります。

個人でマイニングをしている人たちは、こうしたマザーボードにグラフィックボードを8枚買ってきて装着、それを「マイニング・リグ」と呼んでマイニング競争に参戦しました。

現在はASICがもっとも効率的なマイニングマシンとして知られていますが、こうしたGPUは今も健在です。

マイニングリグが活躍し続けている理由については、後述します。

ついにマイニング専用マシン、ASICが登場

GPU全盛の仮想通貨マイニング市場に、ASICという新兵器が登場します。

このASICというのは特定のそういった機械があるわけではなく、「特定用途向け集積回路」という意味です。

特定用途向け集積回路を意味するApplication Specific Integrated Circuitの略が、ASICというわけです。

ちなみにASICと書いて「エーシック」と読みます。

このASICは仮想通貨マイニングに最適化されたマシンなので、当然ながらGPUよりも高いマイニング能力を発揮します。

仮想通貨の代表格であるビットコインはSHA256というアルゴリズムが採用されていますが、このSHA256で高い処理能力を発揮するために設計されたビットコイン採掘用のASICもちゃんとあります。

このように特定のコインを採掘することに特化したマシンを開発しているのですから、個人が使わなくなったパソコンで勝負を挑んでももはや勝ち目はないのです。

もはやASICでないと採掘はできないのか

ビットコインのアルゴリズムに最適化されたASICに、GPUで立ち向かっても勝ち目は薄くなっています。

しかし、だからといってGPUが役に立たないわけではありません。

例えば、アルトコインの代表格であるイーサリアムの採掘にはGPUのほうが適しており、実際のマイニングにおいても高い成績を上げています。

イーサリアムも有力なコインですから、GPUでマイニングをする方はビットコインではなくイーサリアムを狙えば良いわけです。

これと同様に、GPUで十分採掘できるコインは他にもあるので、大切なのはお手持ちのマシンがどのコインの採掘に適しているかを知ることです。

さて、GPU効率を凌駕するASICですが、いろいろと弱点や問題点もあります。

それについては、後編でお話したいと思います。

 

<本記事ご協力>

JWマイニングファーム国内自社ビル運営 JWマイニング株式会社

JWマイニング株式会社

jwmining