LINEが国内向け仮想通貨取引所『BITMAX』開設 LINE Payで入金可能

LINEの子会社でブロックチェーン事業を展開するLVCは、日本向けの仮想通貨取引所『BITMAX(ビットマックス)』を開設した。LVCは9月6日に金融庁の定める仮想通貨交換業者登録を済ませている。

LINE Payで本人確認済みならば入金可

BITMAXはLINEアプリのウォレットタブから利用できる。対象ユーザーは日本在住の満20歳以上で満75未満となっており、歳簡単なアンケートに答え、本人確認を完了すると取引可能になる。

本人確認の手順

本人確認はLINE Payと同じものになっており、LINE Payで本人確認が完了していればBITXAXでの本人確認は不要となる。

日本円の入金はLINE Payで連携している銀行口座、もしくはLINE Payの残高から可能だ。

なお、BITMAXで取り扱う通貨は以下の5種類だ。

  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • リップル(XRP)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • ライトコイン(LTC)

購入までの手順

トークンエコシステム形成を狙うLINE

LINEはBITMAXにさきがけて2018年8月より、日本と米国を除いた全世界を対象にした仮想通貨取引所『BITBOX(ビットボックス)』を展開している。

BITBOXでは、LINEの独自コイン『LINK(リンク)』が流通する。LINEはLINKを用いたエコシステムの形成を推進しており、独自のブロックチェーンネットワーク『LINK Chain』を基盤としている。

エコシステムの中にはLINKと共に国内用のLINK Pointが存在し、今後LINKプラットフォームで開発されるDappsで利用される見込みだ。

現時点でLINKはBITMAXで取引することはできない。LINKをBITMAXで取引可能にするためには、LINKが金融庁の定めるホワイトリスト入りすることが前提条件となる。

LINEの関連記事

「LINE Token Economy」評価を価値に変える仮想通貨の新たな役割とは?

2018年8月31日、LINE株式会社は「LINE Token Economy」の構想を公式ホームページで発表しました。独自開発したブロックチェーンである「LINK Chain」をベースとしたエコシス … 続きを読む 「LINE Token Economy」評価を価値に変える仮想通貨の新たな役割とは?

LINEが韓国ICONとジョイントベンチャー設立 トークン経済プラットフォーム開発を推進

LINEは子会社のLINE Plusが韓国のブロックチェーン製品を手がけるICON財団と共同で合弁会社『unchain(アンチェーン)』を設立したと発表した。LINE Plusは先月設立したブロックチ … 続きを読む LINEが韓国ICONとジョイントベンチャー設立 トークン経済プラットフォーム開発を推進

LINE、仮想通貨交換業登録し日本で取引所開始へ ブルームバーグが報じる

無料通信アプリのLINEが日本で仮想通貨取引所を開始するとブルームバーグが報じた。 報道によれば、取引所の名称は『BITMAX』となる予定で、近日中に金融庁の仮想通貨交換業登録を終えて早ければ来月から … 続きを読む LINE、仮想通貨交換業登録し日本で取引所開始へ ブルームバーグが報じる

 

The post LINEが国内向け仮想通貨取引所『BITMAX』開設 LINE Payで入金可能 appeared first on Coin7 仮想通貨ニュースメディア.