ページTOPへ
マーケット情報

ビットコイン週後半(7月6日~)投資戦略

非常に上値が重い展開が続いております。

ビットコインハードフォーク問題は残すところ1か月です。

もう一度ぐらい急落があっても良いような気もしておりますので、戻り売りトレードが基本ワークしそうです。

ローソク足の形状も非常に煮詰まってきており、我慢の展開でしょう。

ライトコインはこの1週間大きく買われてきており、ビットコインの逃避先がライトコインになってきたようです。

セグウィットのパイオニアでもあり、ビットコインの弟分のコインに当たるのですが、いい役割を今後も果たすのではないでしょうか。

ビットコイン円4時間足

スクリーンショット (704)

出所:bitFlyer

4時間足のボリンジャーバンド±2σ+SMA30です。

SMA=単純移動平均線

一旦ボリンジャーバンドの+2σを上抜けておりましたが、戻されております。勢いが続きません。

トレンドレスのため、再びボリンジャーバンドを超えてきたあたりから戻り売りが無難でしょうか。

8月1日までは大きく上値をブレイクすることはないと考えておりますので、コツコツ短期トレードで稼いでいったほうが無難なような気がしております。

RSI14も、完全に中立の50%付近をウロウロしております。

ここから離れては戻っての繰り返しが、もう数週間続くのではないでしょうか。

毎度NY時間にストップ狩りが行われますので、ブレイクしたところを逆張りするようなトレードが良さそうです。

特に夜中の0時~6時はチャンスが多いので、注視しておくと良いでしょう。

ビットコイン円日足

スクリーンショット (705)

出所:bitFlyer

日足に拡大します。

同じように出来高のボリュームも減少傾向です。煮詰まっている証拠でしょう。

三角持合いを形成中で、動きづらい展開です。

SMA30日線近辺を基準に、29万円台ミドルからショートを繰り返すと良さそうです。

週末あたりからトレンドラインを右側に切れてきた場合、少しまた垂れてくるかもしれません。

個人的には、ライトコインを買いながらビットコインのレバレッジ取引でショートを繰り返す戦略でいこうかと考えております。

 

参考:セグウィット(SegWit)とは

    ビットコインの取引をするなら、国内最大手の取引所bitFlyer↓↓

みんなの仮想通貨 Twitter更新情報

みんなの仮想通貨 公式ソーシャル