はじめに

中国企業Alibaba(アリババ)は、7.21億人(2019年3月時点のMAU)ものユーザーが利用するECサイトを手がけています。

2019会計年度(2018年4月~2019年3月)決算では、中国小売市場においてグループ全体の売上高が前年比プラス51%の6.41兆円を達成し、世界的な大企業として躍進を続けています。

そんな同社は、ECサイトだけでなくブロックチェーンを活用したサービスに注力している企業でもあります。

今回の記事では、同社が提供するBaaSである「Alibaba Cloud Blockchain as a Service」を中心に、同社のブロックチェーンに対する取り組みを紹介していきたいと思います。

参考:アリババグループ、2019年1-3月期及び2019会計年度の決算を発表。年間売上高が前年比51%増。
 

「Alibaba Cloud Blockchain as a Service」とは?

「Alibaba Cloud Blockchain as a Service」は、Alibabaが提供するエンタープライズ向けのBaaSです。

Alibaba Cloudを軸にした同サービスでは、小売、物流、行政など、顧客がブロックチェーンの構築を容易に行うことができます。

下記の図はAlibaba Cloudを用いたBaaSのアーキテクチャです。

最下層のPublic Cloudは インフラとしてのクラウドサービスとして Alibaba Cloudを利用します。

その上のResource LayerがブロックチェーンサービスとインフラのAlibaba Cloudの間に入り、お互いをつないでいる状態になります。

 

このブロックチェーンサービスレイヤー(Blockchain Platform Service Layer)がこのBaaSで提供されるメイン部分で、”Hyperledger Fabric”,”Ant Blockchain”,”Quorum”の台帳をサポートし、さらに上部のアプリケーション・ミドルレイヤーと接続を行っています。

アプリケーション・ミドルレイヤーでは、開発や保守に役立つAPIとして、スマートコントラクトマネージャーやメッセージングなどの機能を提供し、ユーザーは最上部のレイヤーでdAppsなどのアプリケーションの開発を行います。

 

大手クラウドベンダーによるBaaSの中では、Alibaba BaaSが唯一 Ant Finantialの提供するAnt Blockchainをサポートしています。Ant Blockchainはコンソーシアム向けのブロックチェーンで、Hyperledger Fabricとそこまで大きな違いはないのですが、今までAnt Blockchainを使っていた人にとっては、AlibabaがBaaS選定の上で有力な選択肢になるはずです。

フルマネージドで保守に必要な機能もカバーし、将来的にはマルチクラウドにも対応する予定です。

 

参考:Architecture

参考:Blockchain as a Service (BaaS)

 

この続きは、BaaS Infoにて購読をお願い致します。

【スポンサードリンク】毎日更新!プロトレーダーによる今後のチャート分析

bajjiのCEO小林慎和氏に独占インタビュー!「そろそろ誰かがFacebookを打ち負かすとき」
Facebookが発表したLibraから、これからのブロックチェーン・仮想通貨業界をどう読むべきか
分散型世界の実現とブロックチェーン技術の活用の狭間

提供元:コイン東京|仮想通貨のニュース速報と最新情報

コイン東京