久々のアルト主導の買い

週末のビットコイン(BTC)相場はほぼ横ばい推移。113万円近辺で上値を重くすると110万円を割り込む反落を見せるもすぐさま反発するなど、底値の固さも印象付けた。

ECBの量的緩和再開やCMEポジション上限引き上げ報道もあり堅調に推移していたBTC相場だが、ECB内の不協和音や米大統領の暫定合意検討ツィートもあり113万円近辺で上値を重くした。

その後、一時110万円を割り込むが、JVCEAの統計資料で本邦での人気が再確認されたモナコイン(MONA)が急騰。続いてスマホメーカーHTCとの提携でBCHも急騰。さらにガス代の急騰もあり底堅く推移していたETHも急騰。アルトコインが循環物色気味に持ち直す中、113万円をトライするも失敗。

その後、香港や中東情勢の不安定化でリスクオフの機運が高まるも上値を重くすると、BISのステーブルコイン会議でリブラの承認は容易でないとすると108万円台に急落したが、ETH主導で反発。押し目買い意欲強さを印象付けた。

 

【新着・関連記事】
リップル(XRP)などに出遅れ感
仮想通貨界のインフルエンサーランキング

スピード注文のGMOコイン
安心のGMOインターネットグループ
初心者にも安心の取引所!5つの通貨で現物、レバレッジ、仮想通貨FXが可能。FX取引ツールレベルの高機能で使いやすいスマホアプリ!10種類のテクニカル指標が利用できるチャートにスピード注文も可能◎

※本記事の意見や予測は、筆者の個人的な見解であり、金融商品の売買を推奨を行うものではありません。
投資にあたっての最終決定はご自身の判断でお願いします。