ISM非製造業景況感指数は売り?

昨日のビットコイン(BTC)相場は上値の重い展開。狭いレンジの中でじりじりと値を下げるも、下げ幅は限定的に止まった。

米ISM製造業景況感指数が10年ぶりの悪化となった事を受け、米景気後退が市場のメインテーマになる中、一旦は上昇したものの200日移動平均線に跳ね返された形となったBTC相場は、その後目立った材料がない中、じりじりと値を下げる展開。ウィリアムズNY連銀総裁の景気後退発言や米欧貿易摩擦懸念などもあり10月利下げの確立が上昇する中、BTCも強含むが上値が重い展開が続いた。

そうした中、米ISM非製造業景況感指数が予想を大きく下回ると米株が急落、BTCも一旦86万円台に値を下げるも、10月利下げの織り込みが85%まで上昇したことなどを好感し米株が切り返し、また金価格が1500ドルを回復するとBTCも切り返したが、WSJによるVISA・Masterの離脱に続き、FTがPaypalがリブラからの離脱を検討と報じたことも有り上値を重くした。

 

【新着・関連記事】
今日の雇用統計辺りが正念場
200日移動平均線に上値を抑えられたビットコイン相場、勝算はあるのか?

スピード注文のGMOコイン
安心のGMOインターネットグループ
初心者にも安心の取引所!5つの通貨で現物、レバレッジ、仮想通貨FXが可能。FX取引ツールレベルの高機能で使いやすいスマホアプリ!10種類のテクニカル指標が利用できるチャートにスピード注文も可能◎

※本記事の意見や予測は、筆者の個人的な見解であり、金融商品の売買を推奨を行うものではありません。
投資にあたっての最終決定はご自身の判断でお願いします。