通貨 BTC ETH XRP BCH LTC
価格 922,870 20,534 30.2 25,633 6,363
前日比 +6.1% +6.0% +1.7% +3.6% +3.5%

第1関門到達

昨日のビットコイン(BTC)相場は再び反発。アルトコイン主導で上昇を始めると、再び200日移動平均線をトライする形となった。

XRPの急騰もあり底値圏からの反発を見せていたBTC相場だが、90万円を前に上値を重くしていた。

米国がウィグル問題や政府系年金による対中投資制限などが好転が期待されていた米中関係に暗雲が燻り、またパウエル議長がFRBのバランスシート拡大再開を表明したことも有り底堅さを見せていた。

そうした中、リップル社による投資活発化が話題を呼んでいるXRPが上昇を始めると、Devcon開催中のETHが急騰。アルトコインが全面高となる中、BTCも連れ高となり93万円台へ。

しかし、200日移動平均線に上値を抑えられると、FBのザッカーバーグCEOが議会公聴会に呼ばれる事やSECがビットワイズ(Bitwise)のETFを否認した事などもあり上値を重くしたが、サウスチャイナポスト紙が米中次官級協議の不調を伝えた事こともあり、底堅さも見せている。

 

【新着・関連記事】
200日移動平均線は92.5万円近辺
ビットコインの戻しは本物か。過去のパターンからみる見分け方

スピード注文のGMOコイン
ビットコインのスプレッドが400円以下の時も!
初心者にも安心の取引所!5つの通貨で現物、レバレッジ、仮想通貨FXが可能。FX取引ツールレベルの高機能で使いやすいスマホアプリ!10種類のテクニカル指標が利用できるチャートにスピード注文も可能◎

※本記事の意見や予測は、筆者の個人的な見解であり、金融商品の売買を推奨を行うものではありません。
投資にあたっての最終決定はご自身の判断でお願いします。