仮想通貨交換業者であるビットポイントジャパンが、12月25日17時より新規口座開設の受付を再開したことを発表した。

同社は、7月11日に約30.2億(うち顧客預かり分20.6億円)相当の仮想通貨の不正流出が判明。以降、セキュリティー強化及び管理態勢の改善を図っており、12月10日には仮想通貨の預入サービスを再開。 顧客の預かり仮想通貨に関しては、100%コールドウォレット管理に変更すると発表していました。

 

なお、再開業務のタイムラインは以下。

再開を行う対象業務 再開時期
法定通貨の入出金サービス 8 月 6 日
店頭仮想通貨証拠金取引サービス(レバレッジ取引サービス及び MT4 取引サービス) 8 月 9 日
仮想通貨現物の売買取引サービス 8月13日
仮想通貨の送付サービス 9月30日
仮想通貨の受金(預入)サービス 12月10日
新規口座開設申込受付 12月25日

 

また、ビットポイントは12月17日にウェブサイトとコーポレートロゴを一新しています。

ビットポイントジャパン

参考:コーポレートロゴ・ウェブサイトリニューアル変更のお知らせ

以下、お知らせより引用

新しいロゴは、『あしたを、もっと、あたらしく。』というコンセプトに基づき作成いたしました。
暗号資産(仮想通貨)市場を含めて変化が激しい今の社会において、ユーザーの皆様とともに、「新しい価値観や新しいスタンダードを創り出していく」という想いを込めています。

コーポレートカラーの青色は、「最先端である」「イノベーションを想起させる」という印象から、当社においても日本のみならずグローバルに取り組み進めていく上で、青色が適していると考え、今回のロゴ刷新をいたしました。

ウェブサイトは、ビットポイントの特徴やサービス内容が非常に分かり易くなっています。

今後は取引サイトおよび取引アプリの改善・刷新も進めていくとのことから、ビットポイントのリカバリーに期待したいですね!