ページTOPへ
コラム

仮想通貨詐欺の実態を探る!

仮想通貨の盛り上がりと共に増加する仮想通貨詐欺。

その実態を、元ファンドマネージャーの加藤氏が代表を務め、探偵の免許も取得している橘商事のお二人に取材をさせていただきました。

橘商事の工藤氏(左)と加藤氏(右)

仮想通貨詐欺の実態とは?

―まず仮想通貨の先がどのようなモノなのか教えてもらえますか。

詐欺のスキームはどれも同じですね。

簡単に説明すると、未公開株が仮想通貨になっただけです。
ワンコインやフックコイン、クローバーコインなど数多く存在しますね。

今になって思うのですが、800憶円以上集めた円天は、仮想通貨詐欺のはしりだったのかもしれません。

さて、仮想通貨詐欺が横行するのは、ビットコインは実際に10万倍以上になったために、信ぴょう性があるのがポイントなのです。
偽コインをつくって、「ビットコイン10分の1の上昇でも1万倍になるから、100万円どうですか?100億円になるかもしれませんよ。」と勧誘するんです。
そうすると、けっこうな人数が引っ掛かってしまいますよね。

後は振込口座はこちらといって、国内の株式会社の口座に振り込ませれば完了です。

法律的な定義もあやふやなので、詐欺かどうか実証するかも大変ですよね。

ちなみに、ワンコインは中国で、ディールコインという偽コインは韓国でつくられたみたいです。

特にディールコインは凄くて、HTMLで打ち込まれているただのデータです。石油王がディールコインをつくったと話して、総額100億円を集めたといわれています。ブロックチェーンではなくHTMLなので、サーバーがダウンすれば、全ての価値が消滅してしまいますよね。

そもそも、値上がりするモノをなぜ人に売るのか不思議ではないですか?
エターナルコインという「自称」仮想通貨がありましたが、1コイン10円で販売していました。うたい文句は『半年後は100円200円に上がる。』です。

じゃあ、なぜ他人に売るのでしょうね?

以前、そういった人たちに、ちょっと危ない投資家を紹介して、3千万くらい貸し出しをすると提案したことがありますが、なぜか拒否されてしまいました(笑)

仮想通貨が詐欺に使われる理由

  1. 1.実際にビットコインが値上がりしている
  2. 2.法律的な定義がない。日本の司法権力が及ばない範囲(らしい)

詐欺は喫茶店から出てくる

ー最近では、ネット広告やLINE、メルマガで詐欺のような話が横行していますが、実際はどうなのでしょうか。

もちろんネット上にもあふれていますが、主にルノアールやガストから出てくることかが多いですね(笑)

どういうことかというと、異業種交流会にはほぼ100%といっていいほど詐欺師は潜んでいます。
○○コーディネーターとか、〇〇コンサルタントなど、少し変わった肩書きの人が多いですね。
そこで少し仲良くなった後に、喫茶店で投資話をはじめて。。
あとは先にお話した通りです。

また、田町や浜松町のタワーマンションも危ないですね。
タワーマンションでパーティーをしようと話をすると、新卒や若い人は喜んでついていきますよね。
そこで、実際にパーティーが行われるのですが、その後に投資話が持ち込まれます。
「楽しい時間を過ごした身内だから教える」
「本物の投資話はこういうところで行われているんだよ」
と、もっともらしく語って勧誘します。

ーなるほど。
 そうなると、自分もお金持ちの仲間入りができると思って投資してしまう人が多そうですね。

詐欺が行われるのは、ほとんどが都内ですが、首都圏の人口は3千万人います。
この1%でも30万人。そのうちの1%が詐欺に引っ掛かり、ひとり100万円出すことになると30億円。人口のたった0.01%でもそれだけの額が動いてしまいます。

実際はもっと多くて、60億、150億と大きくなっていき、最高は4,5人で300憶円集めたという事件もあります。

実は、このグループはまだ捕まってないというのが問題ですね。

運用会社をつくろうとしたものの、あまりに詐欺が多く撲滅の為の仕事をすることに。

HYIPの実態

―ビットコイン詐欺と同じく良く聞かれるHYIP(High Yield Investment Program)に関してはどうでしょうか。

HYIPは仮想通貨詐欺の最終形態ですね。

1つのプログラムの月平均利回りが50%、30%などに分散投資でポートフォリオをつくる。
そうすれば、どれか1つが無くなっても利回りが高いから大丈夫!という説明がされています。

ところが、これが一体何に投資しているのかさっぱり分からないんですよ。

これには面白い話があって、芝浦や大門あたりの事務所で、「HYIPは後から入ってくる人数が多ければ、利回りが増える。
だから、人数が1000人くらいの規模に入ってくれば勝ちやすい。後から入ってくる人数だけが問題だ。」とハッキリ話していた人がいました。

ちなみに、このHYIPもビットコインで海外送金しますから、騙された人はお金の流れを終えなくて対応が困難。
結局、投資資金は返ってこない目に遭ってしまいます。

要注意投資案件

ー最後に、現在調査されている中で要注意の案件などがありましたら教えてもらえますか。

実は後々、とんでもなくニュースになるのではないかと思われる話があります。

東京日本橋の箱崎町にあるビルにF〇Pパートナーズという会社があるのですが、ここはなんと2種免許(資金を集めることができる)があり、さらに貸金業の免許も取っています。
免許を取っていると、被害金額がひと桁増加します。

ちなみに、そのビルの5階には46億を飛ばしたOSGホールディングスが入っている曰く付きのビルです。

この会社は、韓国に投資しているファンドなのですが、まず配当金は年4~7%と現実的な額です。

そして運用先というのが、韓国の消費者金融に貸し付けるというものです。

まず、貸し付けるその会社の名前が韓国なのに「株式会社サクセスゲート貸付」と漢字とカタカナでおかしいですね。
そして、株式会社なのに、なぜか代表が代表理事。
そもそも普通であれば、韓国の消費者金融は韓国の銀行から資金を集めるハズです。

そして、FPIの方は金融庁の監査は受けているのですが、韓国に貸し付けている債権の価値がいくらになっているのか不明です。
なので、私はここは100%破綻すると思っています。

先日、80歳近い被害者の方から相談を受けたのですが、銀行窓口の人から「社長が3人目だけど大丈夫か。」と心配されたそうですね。

過去に、アメリカの医療保険請求債権を運用対象としたMARS投資が1300億円集めたという投資詐欺がありましたが、それと似ていますね。

免許を取っているのに、こういうことをやっていると、普通の人は騙されてしまいますよね。

ー免許を取っていても安心できないですね。
投資詐欺の闇の深さを知れた気がします。

ありがとうございました!

 

投資詐欺の被害に遭った、怪しい投資先から勧誘を受けているという方は、橘商事のサイトから連絡を取ってみてください。

HP:合同会社橘商事

関連ニュース

ビットコイン/円レート・チャート

1,890,701 (-1.85%)

みんなの仮想通貨 公式ソーシャル