早まるビットコインの半減期

筆者: ひろぴー

今年のビットコインの一大テーマである半減期。

その半減期は、昨年時点では6月に予定されていました。しかし、年が明けると5月末に前倒しになり、今日時点ではバイナンスの半減期カウントダウンを見ると、5月12日あたりになる予定です。

出所:binance.vision

この背景には、以下の3点が関係していると思われます。

  • ・ハッシュレートの上昇
  • ・マイニング難易度の上昇率
  • ・ビットコインの上昇

それぞれに関して説明していきましょう。

ハッシュレートの上昇

ビットコインのハッシュレートは上昇をし続けており、記事執筆時点では過去最高水準で推移しています。

出所:blockchain.com

難易度調整ごとの平均ハッシュレートを見ると、1月2日は98.67 EH/s でしたが、2月25日には110.86 EH/sまで上昇しています。

ハッシュレートが上昇すると、難易度が同じ場合はマイニングスピードが上昇します。

BTC.comのマイニングデータを見ると、2020年の平均マイニングスピードは10分を切る速さになっていることが分かります。

マイニング難易度の上昇率

通常、ハッシュレートやビットコイン価格が上昇すると、難易度は上昇します。

ハッシュレートが上昇した場合はマイニングスピードを10分間に調整するため。ビットコイン価格が上昇すると、マイニングでの利益率が上がり、新規マイナーの参入や稼働するマイニングマシンが増えることで、結果的にハッシュレートの上昇につながるからです。

そのためマイニング難易度は、これらに連動することになります。

では、先ほどのBTC.comのマイニングデータに平均ハッシュレート(青枠)と変化率を加えたものを見てみましょう。

出所:BTC.com

ご覧のように、ビットコインの難易度(Difficulty)と変化率を表示しているオレンジの枠と平均的なハッシュレートの変化率はほぼ同じとなっています。

この間に、ビットコインは70万円台から110万円台まで上昇しているため、マイナーは多少難易度が上昇しても、利益が出ることになります。

ビットコインの上昇

上の話につながりますが、半減期に向けてビットコインの価格は上昇すると期待されており、実際に上昇しています。そのため、マイナーはせっせとマイニングを行いビットコインを獲得しようとするため、ハッシュレートが上昇していきます。ビットコインの価格が上昇するので、ビットコインを市場で売却せずに保有するマイナーが多くなります。そのため、上昇に弾みが付きさらに上昇するというサイクルに入ります。

そのため、ビットコイン価格が上昇すればするほど、ハッシュレートは上昇し、ブロック生成スピードが上昇するというサイクルが成り立つのです。

これがビットコインの半減期予定日が早まっている背景となります。

こうしたことがブロックチェーンがより強固になるため、ビットコインに総じてプラスに働きます。

半減期後にさらに価格は上昇

半減期までに価格が上昇すると言われていますが、過去2回迎えた半減期では、通過した後の上昇率の方が遥かに高くなっていることが分かります。

【半減期を迎えた後の高値までの上昇率】
1回目の半減期:82倍
2回目の半減期:22倍

画像出所:bloomberg

 

過去のパターン通りになるとすれば、ビットコインは2019年の高値である150万円を突破する可能性が十分ありそうですね。

Zホールディングス(旧名称:ヤフー)資本の取引所
口座手数料や取引手数料はもちろん、レバレッジ取引や入出金にかかる手数料も無料!ユーザーのポジションや注文状況が分かる取引情報の準リアルタイムレポートサービス、トレードブロッターを提供

※本記事の意見や予測は、筆者の個人的な見解であり、金融商品の売買を推奨を行うものではありません。
投資にあたっての最終決定はご自身の判断でお願いします。

ひろぴー

ひろぴー

CXRエンジニアリングCEOとして金融取引ソリューション企業を経営。投資暦は10年以上。株式投資から開始し、FX、先物、商品まで取引。2014年から仮想通貨に投資を開始。同時に仮想通貨投資のエバンジェリストとして執筆・セミナー活動を開始。FX市場で鍛えた世界の投資マネーの潮流を読み取る分析力を武器に、仮想通貨取引でも高い実績を叩き出す。ビットコインFXブログ(https://bitcoin-fx.jp/)を運営中

関連コラム

ひろぴーの投稿

ビットコイン/円レート・チャート

メデイア・広告掲載について

『みんなの仮想通貨』への広告のお問い合わせ・ご相談、お待ちしております。BTC、ETHでのお支払いも可能です。

お問い合わせはこちら