ページTOPへ
マーケット情報

中国の取引所規制でトレンド転換!?

こんにちは、児山です。

しばらく夏休みをとっており更新できておりませんでした。

夏休みを取っている間に、仮想通貨市場は北朝鮮問題にICO規制、さらには中国の取引所の閉鎖のうわさが流れ1週間前から最大10万円以上も暴落しました。

既に既報のニュースですので細かな点は割愛させていただきますが、中国はICOを理由にどうしても仮想通貨取引所を規制したいという意思が確認できました。

しかし、マーケットの反応は思いのほか小さいものだったという印象です。

9月5日の安値を割り込んでしまったことで40万円割れを目指すことが想定されましたが、売りは短時間しか続かず夜には46万円を回復。月曜日は横ばい調整となったあとに本日は高値を更新してきています。

ビットコイン円(BTC/JPY) 4時間足チャート

 

突っ込んで売り込んだトレーダーが焼かれて、ポジション一巡となったような状況です。

チャートを見ると48万円を目指すようにも見えましたが、欧州時間(日本時間16時)になった途端下げに転じたことで、買い方もしっかりと利食いしておきたいという模様。

取引所の板の状況を見ると、10~15%ほど量が減っており、出来高も現象していますので、このまま50万円まで戻るには少し時間が必要ではないかといったところ。

とはいえ、下値では強烈に反発したことが印象として残っておりますので、45万円では買い意欲も強くなるのではないでしょうか。

また、北朝鮮リスクが後退しNYダウやドル円が上昇していることも投資家心理を好転させているようです。

今後2週間くらいは45万円半ば~47万円程度の子アレンジを予想し、抜けた場合は打診売買で参入。

東京勢も欧米勢も買ってくることが確認できれば、しっかりと追いかけるといった戦略でいきたいと思います。

筆者の主戦場であるbitFlyerのFXでも、昼間は大口の売買が以前より減ってしまい、気迷い相場になっているという雰囲気が漂っています。

こういった時こそ、デイトレで割り切った短期売買に徹することが良さそうです。

Arkがto the moon

時折書いていたアルトコインのポジションですが、しばらく保有していたarkが本日急騰したため一度利益確定としました。

出所:bittrex

 

Liskからの派生通貨でスペックはLiskよりも優秀。

しかし、開発メンバーが弱いという面もあります。Liskとの連動性と中国ショックにも強かったことから、安心して保有することができました。

21日には日本でLiskのmeet up(説明会)もあるため、まだまだ期待したいと思います。

短期ではまだまだ爆発しそうなのがOkCash(OK)。

調査中ということもあり詳しいことは後日記載させていただきますが、『すべての仮想通貨の中で最速レベルのトランザクション時間を誇る』ということと、チャートの良さに惚れて買ったところ思いのほか上昇してくれました。

また、今週より新規のライターさんとして参入する予定の ぶんたし氏のアドバイスがあったことも大きいです。

彼のアルトコインの分析は非常に参考になる為、楽しみにしていてください!

 

    ビットコインFXの取引をするなら、国内最大手の取引所bitFlyer↓↓

※本記事の意見や予測は、筆者の個人的な見解であり、金融商品の売買を推奨を行うものではありません。
投資にあたっての最終決定はご自身の判断でお願いします。

みんなの仮想通貨 Twitter更新情報

みんなの仮想通貨 公式ソーシャル