ビットコイン未決済ポジションが大きく膨らみ中

筆者: ひろぴー

海外大手取引所のビットコインOI(Open interest)未決済ポジションがじわじわと上昇中です。

参考資料をごらんください。

この2カ月間は100万円を挟んだ小動きな相場となっておりますが、市場ポジションはしっかりと積み上がっているようです。

ボリンジャーバンドを見ると奇麗なスクイーズが発生しています。ブレイクアウトの値動きは非常に楽しみですが、下方向に動くと多くの投資家はかなり苦しむことになりそうです。

取引所別に見てみると、BitMEX、バイナンス、Huobi Globalが右肩上がり。そして最近人気のBybitも大きく上昇中です。OKcoinは高止まりといった感じでしょうか。BiiMEXの取引高の回復は遅れているようですが、他の取引所にユーザーが引っ越しをしているようです。レバレッジ取引においても、着実にシェアを伸ばし始めているのがバイナンスだと分かります。

BNBの上昇も著しいため、かなり業績が良好になってきている証拠かもしれません。

さて、これらを合算した取引高と未決済建玉の数値をみてみましょう。

先ほどの取引所の取引高を合算した数字では、2月を上回っており、買いも売りもしっかり溜まっているように見えます。レンジ相場が続いたため、損切りにヒットしていない未決済ポジションが膨れ上がってきているのでしょう。

ここ最近のアルトコインの上昇は歓迎すべきことで、このあとBTCやETHに資金が流れてくるタームとなれば、主要仮想通貨の上昇が目立ってくるでしょう。特に毎年8月ごろは、ビットコインが上昇し、アルトコインは横ばいであることが多いため、今年もそういったアノマリー的な値動きに注目しております。

動き出すきっかけとしては、EU復興財源や米国などのさらなる金融緩和でしょうか?

米・大手ロビンフッドでは、四半期で300万の新規口座開設があったそうです。この背景には、定額給付金を投資に回しているようで、ここで仮想通貨が盛り上がれば、一気に資金はBTC市場に流れてくるでしょう。同じように、コインベースにも給付金と同額の1200ドルの入金が目立った日があったことから、侮れません。つまり、追加の給付金の動向が相場を動かす材料になる可能性も高いと言えます。コインベースに上場している主要仮想通貨には、特に注目したいです。

安心のGMOインターネットグループ
初心者にも安心の取引所!9つの仮想通貨で現物、レバレッジ、暗号資産FXが可能。FX取引ツールレベルの高機能で使いやすいスマホアプリ!10種類のテクニカル指標が利用できるチャートにスピード注文も可能◎

※本記事の意見や予測は、筆者の個人的な見解であり、金融商品の売買を推奨を行うものではありません。
投資にあたっての最終決定はご自身の判断でお願いします。

ひろぴー

ひろぴー

CXRエンジニアリングCEOとして金融取引ソリューション企業を経営。投資暦は10年以上。株式投資から開始し、FX、先物、商品まで取引。2014年から仮想通貨に投資を開始。同時に仮想通貨投資のエバンジェリストとして執筆・セミナー活動を開始。FX市場で鍛えた世界の投資マネーの潮流を読み取る分析力を武器に、仮想通貨取引でも高い実績を叩き出す。ビットコインFXブログ(https://bitcoin-fx.jp/)を運営中

関連コラム

ひろぴーの投稿

ひろぴーの投稿一覧へ

ビットコイン/円レート・チャート

メデイア・広告掲載について

『みんなの仮想通貨』への広告のお問い合わせ・ご相談、お待ちしております。BTC、ETHでのお支払いも可能です。

お問い合わせはこちら