アルトに物色買いも、ビットコインが置いて行かれた理由

筆者: 松田康生

通貨 BTC ETH XRP LTC BCH
価格 6,430,470 229,793 68.7 22,432 61,998
前日比 ▼1.3% +4.9% +8.3% ▼0.1% +0.3%

*BCH価格はBCHNを使用

アルトコインに物色買い

週末のBTC相場は上値の重い展開。6万ドル(約665万円)ワンタッチに成功したものの、アルトコインの上昇をしり目に上値を押さえられると、一時5万6500ドル(約625万円)近辺まで値を下げた。足元では58000ドル(約640万円)近辺に値を戻している。

BTC相場は、モルガンスタンレーのBTC関連投資予定の開示やコインベース(Coinbase)の上場日決定の報もあり金曜日に6万ドルワンタッチに成功。続いてETHも2000ドルワンタッチに成功したが、米雇用統計を前に様子見姿勢が強まった。注目の非農業部門雇用者増減は予想66万人増のところ91.6万人増と強い数字だったが、株式市場が休場だったためか影響は限定的だった。

そうしていると、BCHが上昇し、続いてETHが史上最高値を更新。さらにリップル社ガーリングハウスCEOのCNBCでの発言を好感したXRPも上昇した。

しかしBTCは6万ドルに戻せずにいると、アルトコインの物色買いが一巡。下げに転じると、先物市場でのロングの清算を巻き込み56500ドル近辺まで値を下げたが、やや値を戻している。 


【新着・関連記事】
4月のビットコイン相場はどうなる?最強月に潜む不安材料

【FX Coinの新規口座開設は以下の画像をクリック!】
松田康生

松田康生

FXcoinシニアストラテジスト 東京大学経済学部 国際通貨体制専攻 三菱銀行(本部、バンコック支店)ドイツ銀行グループ(シンガポール、東京)を経て2018年7月より現職。 短国・レポ・為替・米国債・欧州債・MBSと幅広い金融市場に精通

関連コラム

松田康生の投稿

松田康生の投稿一覧へ

ビットコイン/円レート・チャート

主要通貨レート

メデイア・広告掲載について

『みんなの仮想通貨』への広告のお問い合わせ・ご相談、お待ちしております。BTC、ETHでのお支払いも可能です。

お問い合わせはこちら