ビットコイン反落、3つの売り材料の影響は

筆者: 松田康生

通貨 BTC ETH XRP BCH LTC
価格 5,985,311 449,849 156.3 157,940 39,317
前日比 ▼3.1% ▼0.2% ▼1.8% ▼0.9% ▼3.2%

*BCH価格はBCHNを使用

3つの売り材料

昨日のBTC相場は、上値の重い展開。5万5000ドル(約600万円)近辺で底堅さを見せると5万8000ドル(約630万円)台まで上昇したが、失速。5万4000ドル(約590万円)割れで一旦はサポートされたが、足元では5万2000ドル(約570万円)台まで値を下げている。

BTCは、DOGEやEOSの上昇もあり5万5000ドル近辺でサポートされると、ナスダック上場企業PalantirのBTC保有検討やフィデリティのETF審査開始、ソロスの右腕と言われたドラケンミラー氏のBTCの地位は揺るがないとした発言などもありじりじりと値を戻していった。

しかし、BTC先物に投資するファンドとその暗号資産に対するSECスタッフの声明などもあり上値が重くなると、後場に入り日本株が下げ幅を広め、BTCも下げに転じた。

その後は予想を上回る米CPIを受け、米長期金利が上昇。米株は下落し、BTCも5万4000ドル割れまで下落。さらに朝方イーロン・マスク氏がBTCによる決済を停止するとした事もあり、一時5万2000ドル台まで値を下げている。 


【新着・関連記事】

【FX Coinの新規口座開設は以下の画像をクリック!】
松田康生

松田康生

FXcoinシニアストラテジスト 東京大学経済学部 国際通貨体制専攻 三菱銀行(本部、バンコック支店)ドイツ銀行グループ(シンガポール、東京)を経て2018年7月より現職。 短国・レポ・為替・米国債・欧州債・MBSと幅広い金融市場に精通

関連コラム

松田康生の投稿

松田康生の投稿一覧へ

ビットコイン/円レート・チャート

主要通貨レート

メデイア・広告掲載について

『みんかぶ(暗号資産)』への広告のお問い合わせ・ご相談、お待ちしております。BTC、ETHでのお支払いも可能です。

お問い合わせはこちら