ページTOPへ
01月21日 11:43
相場分析・予想

乱高下のビットコイン、マーケット状況チェック!

サラリーマンのボーナス投入か、先物上場の期待感か。

先週、ビットコインは200万円を軽々と超えた後は、238万円まで続伸。

その後、150万円まで急落するという高いボラティリティ(変動率)をみせました。

この150万円までの下押しは、高値から3分の1(80万円)押しということで、これまでのビットコインの暴落の際の下値水準を意識して買いが入ったかっこうです。

また、150万円というのもキリが良くダブルボトムを付けてビットコインは再び上昇しています。

残念ながら、筆者は先週は胃腸炎にやられてビットコイン200万円到達という歴史的瞬間を目にすることはありませんでしたが、ビットコインの未確認取引や板の状況などを見つつ、なんとか200万円台から150万円までショートしたというところ。

ここから、再び200万円を突破し300万円を目指すのか。

もしくは、新規マネーが一気に入り買いポジションに傾き過ぎたために、下落トレンドとなるのか。。

現在のマーケット状況を確認し、今後の売買戦略を立てたいと思います。

ビットコインの未確認取引

筆者が常にウォッチしているのが、ビットコインの未確認取引の件数

先週は、ピーク時には20万件を超えていました。

こうなると半日~24時間はビットコインを送金しても着金しません。

いわゆる『ビットコイン詰まり』というやつです。

参考:ビットコインの未確認取引|新規ビットコイン取引リストの実況更新

現在は10万件以下に落ち着いてきたために、このまま減少していけば大丈夫でしょう。

bitFlyerFXの売り買い板状況

日本国内の圧倒的取引量を誇るbitFlyerFX。

出所:cryptocompare

そこには資産何億ものビッグプレイヤーやビットコイン価格を1年以上前から追い続けてきたトレーダーや株式投資家などが凌ぎを削って戦っています。

大相場の後は、その板状況が大きく変化しますので見てみましょう。

 

出所:bitFlyer

 

なんと、買い板が4500しかありません。

先週の暴騰前は12000ほどありました。ざっと3分の1ほどの減少です。

残りのオーダーはどこに行ったのでしょうか。

これは、かつて乱高下で数多くのトレーダーが退場してしまったことを表しているのかもしれません。

そもそもの取引ボリュームがないと、相場は不安定になりがちです。

 

似た状況は5月末の大暴落と、9月の中国の取引所規制に端を発する暴落の直後にも発生しました。

しかし、その後はまだまだ新規マネーが入る余地がありましたし、先物上場をはじめとする様々なポジティブニュースが控えていました。

以前と違うことは、今回の上昇過程において相当新規の投資家が参入した為に、以前のようなペースで新規マネーが入ってこない可能性があることです。

来週にはCMEの先物の上場のニュースがありますし、冬のボーナス付与の直後なので、まだまだ買い需要はあると思いますが、今後は不安になります。

今後予定されているビットコインのハードフォーク

そんななか、過去のビットコインの上昇に大きく寄与したハードフォークが今後も予定されています。

 

  • 12月17日:スーパービットコイン(SBTC)
  • 12月23日:ライトニングビットコイン(LBTC)
  •   同日:ビットコインプラチナム(BTP)
  • 12月25日:ビットコインゴッド(GOD)
  • 12月31日:ビットコインウラニウム(BUM)
  • 1月2日:ビットコインキャッシュプラス

 

ビットコインプラチナムは2回もフォークの延期をしてますし、ビットコインゴッドというモノも出てきており、どうコメントして良いのか分からない状態に。

ただ、過去の相場状況から多くの投資家の『もらえるものはもらっておけ』という考えから、結果的にビットコイン買いが発生し価格は上昇していっております。

今回も全てにおいてハードフォークが行われるとは思っていませんが、1つのハードフォークに対して価格の3~5%程度の上昇が見込まれるのではないでしょうか。

そうすると、週末のビットコインの下値は限定されることとなります。

CMEのビットコイン先物の上場

最後に今年のメインイベントであるCMEのビットコイン先物が18日(月)に上場します。

◇CMEグループ ビットコイン先物概要

  • 取引単位:5BTC~1000BTC
  • 取引間隔:5ドル
  • ワンショット:~100BTC
  • 証拠金:35%
  • 値幅制限:±7%、±13%、±20%

※7%~13%の場合、2分間価格チェック、元の価格に戻れば取引は継続。20%の場合は、その日の取引は終了

  • 取引期間:休日、週末の取引は行われない。

 

本日11日はシカゴ・オプション取引所のビットコイン先物の取引が開始されました。

価格は買い優勢でスタートした、1万5000ドル台から1万6500ドル前後まで上昇。その後、1万8000ドルを超えサーキットブレイカーが発動する場面もありました。

 

出所:bloomberg

取引額は最初の1時間での取引は2000枚程度、ざっと40億円ほどとなったようです。

 

日本時間9時30分ごろに始まったことから、日本のビットコイン価格もこれに反応。

直近のレンジを上抜けると、あっという間に急騰しました。

 

出所:bitFlyer

 

上に書いたように、17日前後にはスーパービットコイン(SBTC)のハードフォークが予定( ブロック:498,888 )されており、次いで先物の上場があります。

そうなると、今週再び下押しする場面があれば買いたいという投資家が多いのではないでしょうか。

 

結果、ビットコインの下値は限定的となりそうです。

 

個人的には一度150万円を割り込んでほしいという希望がありますが、今のマーケット状況を見ると、『押し目買い戦略』が有効なのではないでしょうか。

 

    ビットコインFXの取引をするなら、国内最大手の取引所bitFlyer↓↓

※本記事の意見や予測は、筆者の個人的な見解であり、金融商品の売買を推奨を行うものではありません。
投資にあたっての最終決定はご自身の判断でお願いします。

ビットコイン/円レート・チャート

1,412,050 (+1.35%)

みんなの仮想通貨 公式ソーシャル