5年以内にヘッジファンドが30兆円を超える規模の仮想通貨を保有か

筆者: ひろぴー

世界のヘッジファンドが保有する仮想通貨(暗号資産)は3120億ドル(約34兆円)に達する可能性があると、インタートラストが実施した調査がで分かりました。

調査対象は、世界中のヘッジファンドの最高財務責任者100人。その平均運用資産は72億ドルだそうです。

なかでも、北米を拠点とするファンドは最も強気で、5年以内にポートフォリオの保有比率を平均10.6%まで引き上げるという驚きの結果が分かりました。 欧州及び英国を拠点とするファンドは、平均6.8%と控えめの数字となっています。

また、ヘッジファンドのCFO自身も個人的にポートフォリオの最低1%を仮想通貨に割り当てるとしていることが分かりました。

ヘッジファンドが仮想通貨に強気である背景には、コンセンサス2021で世界最大のヘッジファンドであるブリッジウォーター・アソシエイツのCEOレイ・ダリオ氏がビットコインに関して前向きな発言をしたことが大きいのではないでしょうか。

そしてつい先日も、著名投資家で個人資産が約7700億円とされるポール・チューダー・ジョーンズ氏が「BTCは長期的に富を保護するための素晴らしい資産。金、BTC、現金、コモディティを5%ずつ保有する」とCNBCで強気のコメントをしました。

欧州では、ブレバン・ハワードというヘッジファンドが仮想通貨に強気となっています。彼らの運用資産は137億ドルとされており、既に1億ドル規模の仮想通貨に投資。また多くの仮想通貨ファンドを運営しているワン・リバー・マネジメント株式を25%取得しています。

なお、ワン・リバーは昨年12月に仮想通貨を6億ドル購入しています。そして、5月26日にはビットコインETFを申請しています。


昨日時点の売買代金は10兆円割れと閑散としている仮想通貨市場ですが、水面下ではこういった大きな動きが起きています。

安心のGMOインターネットグループ
初心者にも安心の取引所!9つの暗号資産で現物、レバレッジ、暗号資産FXが可能。FX取引ツールレベルの高機能で使いやすいスマホアプリ!10種類のテクニカル指標が利用できるチャートにスピード注文も可能◎

※本記事の意見や予測は、筆者の個人的な見解であり、金融商品の売買を推奨を行うものではありません。
投資にあたっての最終決定はご自身の判断でお願いします。

ひろぴー

ひろぴー

CXRエンジニアリングCEOとして金融取引ソリューション企業を経営。投資暦は10年以上。株式投資から開始し、FX、先物、商品まで取引。2014年から仮想通貨に投資を開始。同時に仮想通貨投資のエバンジェリストとして執筆・セミナー活動を開始。FX市場で鍛えた世界の投資マネーの潮流を読み取る分析力を武器に、仮想通貨取引でも高い実績を叩き出す。ビットコインFXブログ(https://bitcoin-fx.jp/)を運営中

関連コラム

ひろぴーの投稿

ひろぴーの投稿一覧へ

ビットコイン/円レート・チャート

主要通貨レート

メデイア・広告掲載について

『みんかぶ(暗号資産)』への広告のお問い合わせ・ご相談、お待ちしております。BTC、ETHでのお支払いも可能です。

お問い合わせはこちら