連休中に雰囲気が一転、ビットコインの上昇要因と今後の展開

筆者: 松田康生

通貨 BTC ETH XRP BCH LTC
価格 3,801,581 238,177 66.3 49,242 13,780
先週水曜日対比 +15.8% +21.3% +13.4% +10.8% +15.4%

*BCH価格はBCHNを使用

雰囲気が一転

連休中のBTC相場は大きく反発。火曜日に3万ドル(約330万円)割れでサポートされると木曜日には3万3000ドル(約365万円)近辺まで回復、しばらく3万2000ドル(約355万円)台でもみ合ったが、日本時間の土曜日の朝方に3万3000ドルを上抜けると、3万4000ドル(375万円)台で推移している。

BTCは、バンカメの暗号資産ETP提供や日本株の反発もあり3万ドルを回復すると、BNYの暗号資産OTCへの出資やゴールドマンサックスが米ファミリーオフィスの45%が暗号資産投資に興味があるとしたことなどが報じられ、イーロン・マスク氏がテスラに加えSpaceX社でもBTCを保有し、再生可能エネルギー比率が5割を超えればテスラ社でのBTC受け入れを再開するとした事で3万3000ドル手前まで上昇。

SEC委員長が有価証券を裏付けとするステーブルコインは証券法で規制されるべきとのコメントもあり上値を抑えられたが、JPモルガンが富裕層に暗号資産投資信託を提供。ゴールドマンサックスはETP決済に進出すると報じられ、ジャック・ドーシー氏がBTCをツイッター社のビジネスに取り入れるとコメントすると、米株の史上最高値更新もありBTCは3万4000ドル台に値を伸ばした。 


【新着・関連記事】
マトリクス投資法によるビットコイン テクニカル分析

【FX Coinの新規口座開設は以下の画像をクリック!】
松田康生

松田康生

FXcoinシニアストラテジスト 東京大学経済学部 国際通貨体制専攻 三菱銀行(本部、バンコック支店)ドイツ銀行グループ(シンガポール、東京)を経て2018年7月より現職。 短国・レポ・為替・米国債・欧州債・MBSと幅広い金融市場に精通

関連コラム

松田康生の投稿

松田康生の投稿一覧へ

ビットコイン/円レート・チャート

主要通貨レート

メデイア・広告掲載について

『みんかぶ(暗号資産)』への広告のお問い合わせ・ご相談、お待ちしております。BTC、ETHでのお支払いも可能です。

お問い合わせはこちら