ビットコイン、急落の要因とその後の展開

筆者: 松田康生

通貨 BTC ETH XRP BCH LTC
価格 5,077,500 384,129 120.6 72,996 19,905
前日比 ▼1.6% +1.8% ▼0.1% ▼0.4% +1.6%

*BCH価格はBCHNを使用

急落後、反発

昨日のBTC相場は大幅下落後、揉み合い推移。5万3000ドル(約585万円)近辺まで上昇後、4万3000ドル(約475万円)割れまで急落。反発するも半値戻しとなる4万7900ドル(約530万円)手前で上値を抑えられると、概ね4万5000ドル~4万7000ドル(約500~520万円)水準での取引が続いている。

BTC法定通貨化が始まったエルサルバドルがBTCを購入したこともあり、5万3000ドル手前まで上昇したが、導入直後からシステムトラブルも続き上値が重くなった。

レイバーデイ明けの米株市場が下げて始まると、4万3000ドル割れまで急落した。しかしエルサルバドルのシステムトラブルは解消。同国が押し目でBTCを買い増したこともあり、急反発。

元GSのノボグラッツ氏も、相場の下落は過熱が原因だが楽観視しているとし、また日経平均が再び3万円に乗せる中、BTCも4万7000ドル台に値を戻した。

しかし今回の下落の半値戻しを前に上値を抑えられると、世界銀行がエルサルバドルを支援しないとした。さらに、SECがコインベースのレンディングを証券法違反で訴える準備をしていると伝わり、一時4万5000ドルを割り込んだ。

その後は反発し、米株は続落するも、BTCは4万6000ドル台で底堅さを見せている。 


【新着・関連記事】
ビットコインがレイバーデイ明けに急落、要因と今後の展開

【FX Coinの新規口座開設は以下の画像をクリック!】
松田康生

松田康生

FXcoinシニアストラテジスト 東京大学経済学部 国際通貨体制専攻 三菱銀行(本部、バンコック支店)ドイツ銀行グループ(シンガポール、東京)を経て2018年7月より現職。 短国・レポ・為替・米国債・欧州債・MBSと幅広い金融市場に精通

関連コラム

松田康生の投稿

松田康生の投稿一覧へ

ビットコイン/円レート・チャート

主要通貨レート

メデイア・広告掲載について

『みんかぶ(暗号資産)』への広告のお問い合わせ・ご相談、お待ちしております。BTC、ETHでのお支払いも可能です。

お問い合わせはこちら