ETF開始で史上最高値迫るビットコイン、ピークはいつか?

筆者: 松田康生

通貨 BTC ETH XRP LTC BCH
価格 7,330,321 435,693 123.5 21,304 69,946
前日比 +4.7% +1.9% ▼0.2% +0.6% +0.7%

ETF開始で史上最高値に肉薄

昨日のBTC相場は上昇。10月16日の戻り高値6万3000ドル(約720万円)を上抜け、6万4000ドル(約730万円)台に上昇、4月の史上最高値にあと数百ドルに迫った。

BTCは、プロシェアーズのCME先物ベースのETF(BITO)承認報道で順調で値を伸ばしていたが、18日と予想されていたローンチが19日にずれ込んだことで一時6万ドル(約685万円)を割り込んだ。すぐさま切り返したが、NY州司法省がレンディング関連業者2社に停止を命じた事や、プロシェアーズに続くと目されたインベスコ社がETFローンチを見送るとしたこともあり6万2000ドル(約710万円)近辺で上値を抑えられた。

その後、ヴァルキリー社のETFローンチが前倒しになるとの観測や、CMEのBTC先物の建玉が史上最高を記録したといった報道もあり16日の高値6万3000ドル近辺まで上昇すると、BITOローンチ直後にCME先物が上昇し、現物価格も6万3000ドルを上抜けた。

その後は、先物やETF価格が下落すると一時6万1000ドル(約700万円)近辺まで下落したが、SEC委員長がCNBCでETF開始の意義に言及。BITOの初日の出来高が10億ドルを超えたと報じられる中、BTCは6万4000ドル台に値を伸ばした。 


【新着・関連記事】
マトリクス投資法によるビットコイン テクニカル分析

【FX Coinの新規口座開設は以下の画像をクリック!】
松田康生

松田康生

FXcoinシニアストラテジスト 東京大学経済学部 国際通貨体制専攻 三菱銀行(本部、バンコック支店)ドイツ銀行グループ(シンガポール、東京)を経て2018年7月より現職。 短国・レポ・為替・米国債・欧州債・MBSと幅広い金融市場に精通

関連コラム

松田康生の投稿

松田康生の投稿一覧へ

ビットコイン/円レート・チャート

主要通貨レート

メデイア・広告掲載について

『みんかぶ(暗号資産)』への広告のお問い合わせ・ご相談、お待ちしております。BTC、ETHでのお支払いも可能です。

お問い合わせはこちら