仮想通貨急落 ビットコインは1カ月ぶりの安値水準へ

筆者: ひろぴー

ビットコインがついに500万円を割り込みました。昨年12月4日以来となる安値水準です。ETHも40万円を割り込んできており、こちらは10月4日以来の安値です。

●ビットコイン週足チャート


2017年から2021年まで過去5年間の統計データでは、ビットコインの1月の騰落率は-0.4%、勝敗は2勝3敗となっています。

参考:仮想通貨ブームから5年 ビットコインは毎月9万円上昇していた

値動きを見てみると、年初に上昇した後に悪材料が出たり、材料出尽くしで急落するという特徴があります。

今回の急落は、株式市場も大きく崩れているため、もう一段安となることも十分考えられそうです。

相場の急落要因

FRBが5日に公表した昨年12月のFOMC議事録を見ると、早期利上げの可能性が示されたことで、かなりタカ派の内容であることが分かりました。

インフレへの対応に向け、テーパリングの早期終了を求める声や、利上げペースを早める議論などがあったようです。これで早期利上げへの思惑が台頭し、米株市場が下落。仮想通貨相場も連れ安となった格好です。

Fed WatchやFed金利先物などの指標を見ると、本来は利上げは早くて6月。9月の利上げはほぼ織り込んでいるという状態でした。しかし、今回の議事録で3月利上げ説も浮上したことで、市場に衝撃が走りました。年始から大きく買われた株式市場ですが、大きく下落するものも無理はありません。

目先のところ、インフレは米国でも深刻な問題となっています。給料の上昇よりもインフレが進んでいるため、人々の生活は苦しくなります。そうなると、バイデン政権の支持率にも影響します。

米国の中間選挙は11月にありますが、まずは徹底的にインフレ退治に重きを置いてくるでしょう。 株式市場は9月頃から上昇すれば良いはずです。

その場合、6月までに利上げを2回終えておくと、株価もコントロールしやすいのかもしれません。経済に問題がなければ、12月利上げも行うといった方針をFRBも想定していると思います。

FRBはサプライズを嫌いますが、原油価格は80ドルへ上昇してきました。これは、ますますインフレにつながります。アナリストの予想を見ると、100ドルに向けて上昇していくという意見も少なくありません。つまり、利上げを急ぐ必要があるのです。

この想定外の状況では、株式もビットコインもいったんは売られやすく、キャッシュポジションを高める投資家が増える相場となっているのでしょう。

しばらくは厳しい相場が続きそうです。

相場転換のヒントとしては、的中率の高い月齢(月の満ち欠け)を挙げておきましょう。

●ビットコインとS&P500と月齢

出所:TradingView

来週1/16(日)は満月です。過去の値動きを見ると 新月と満月の3日前後は、米国株式もビットコイントレンドが転換しやすいことが分かっています。そのあたりで、相場が反発した場合は、拾ってみるのもアリかもしれません。

安心のGMOインターネットグループ
初心者にも安心の取引所!14つの暗号資産で現物、レバレッジ、暗号資産FXが可能。FX取引ツールレベルの高機能で使いやすいスマホアプリ!10種類のテクニカル指標が利用できるチャートにスピード注文も可能◎

※本記事の意見や予測は、筆者の個人的な見解であり、金融商品の売買を推奨を行うものではありません。
投資にあたっての最終決定はご自身の判断でお願いします。

ひろぴー

ひろぴー

CXRエンジニアリングCEOとして金融取引ソリューション企業を経営。投資暦は10年以上。株式投資から開始し、FX、先物、商品まで取引。2014年から仮想通貨に投資を開始。同時に仮想通貨投資のエバンジェリストとして執筆・セミナー活動を開始。FX市場で鍛えた世界の投資マネーの潮流を読み取る分析力を武器に、仮想通貨取引でも高い実績を叩き出す。ビットコインFXブログ(https://bitcoin-fx.jp/)を運営中

ひろぴーの投稿

ひろぴーの投稿一覧へ

ビットコイン/円レート・チャート

主要通貨レート

メデイア・広告掲載について

『みんかぶ(暗号資産)』への広告のお問い合わせ・ご相談、お待ちしております。BTC、ETHでのお支払いも可能です。

お問い合わせはこちら