こんばんは、菅原文太です。

 

最近消耗気味なので、何か息抜きできるものは無いかなと思い、スマホゲームを始めました。

そうしたら・・・なんという事でしょう!ゲームに課金しまくりで余計に消耗している文太氏の姿が・・・これは一体(笑)

 

それでは、先週のおさらいをします。

  1. 1.先週話題になったニュース 2/19(月)~2/25(日)
  2. 2.先週のチャート
  3. 3.おわりに

1.先週話題になったニュース 2/19(月)~2/25(日)

  • 2/19(月)(国内)コインチェック、事業継続へ資本提携検討
  • 2/20(火)(国内)経済危機のベネズエラ、仮想通貨発行へ
  • 2/20(火)(国内)Zaif、2/16(金)に発生した価格異常値に関するお詫び
  • 2/21(水)(海外)欧州規制当局、仮想通貨規制について2/26議論すると発表
  • 2/22(木)(海外)米SEC、米仮想通貨取引所BitFunderの創業者をハッキング隠蔽の罪で起訴仮想通貨取引所運営者を起訴
  • 2/22(木)(国内)ビットフライヤー、「SFD」を一部変更する事を検討
  • 2/22(木)(海外)フランス規制当局、仮想通貨取引を抑制
  • 2/23(金)(海外)オーストリア、ICOに関する新しい規制を計画
  • 2/23(金)(海外)フランス規制当局、仮想通貨は厳しい規制の対象となる
  • 2/24(土)(国内)ビットフライヤーFXで一日15万の下落
  • 2/25(日)(海外)韓国と欧州で自主規制機関結成
  • 2/25(日)(国内)ネム580億円流出 捜査本部を設置 警視庁

2.先週のチャート

60分足で見ると2/19(月)~25(日)は下落相場でした。

下落の原因として考えられるものは、大きく2つあると考えています。

 

1つ目は、2/22(木)のビットフライヤーFXのSFDの一部変更検討のお知らせがあった事です。おそらくSFDの徴収額が上がることを懸念して下落に繋がったのではないでしょうか。

参考:bitFlyer FX の「SFD」に関して

 

2つ目は、この一週間相次いだ海外の規制ニュースでしょう。2月前半がそうであったように、相場は規制の影響を受ける流れが強いと感じます。

欧州の規制ニュースは2月に入って急に多くなってきた印象です。おそらく3月のG20に向けた動きでしょう。

参考:スイス金融当局がICOガイドラインを発表

 

◇ビットコイン/円 60分足チャート

出所:tradingview.com

今後の値動きについて

ヨコヨコかこのまま下落基調だと考えます。理由は以下の通りです。

  • ・ビットフライヤーのSFD変更検討の件
  • ・3月のG20に向けた海外の規制の動き

また、これに加えて3月は国内で納税シーズンです。このため仮想通貨を出金する人が出てくる可能性も考えておいた方が良いでしょう。

これらの出来事が通過するまでは、余裕を持った投資を心がけた方が良いかもしれませんね。

3.おわりに

なんだか暗いニュースが多いですが、良いニュースもあります。

先週、バイナンス銘柄のNANOというアルトコインが3倍ほど暴騰しました。

パンプではなく、しっかりとした好材料による暴騰です。筆者個人としては、材料当たればまだ伸びしろありそうだな~と感じてます。

ビットコインに元気がない今だからこそ、期待できるアルトコインがあればチェックしておきたいですよね。

いつか、NANOについて書きたいと思います。

 

それでは。

 

※本記事の意見や予測は、筆者の個人的な見解であり、金融商品の売買を推奨を行うものではありません。
投資にあたっての最終決定はご自身の判断でお願いします。