主要仮想通貨の中でリップルが強い!昨年5月の急落を埋める

筆者: 児山 将

過去30日間において、主要仮想通貨(暗号資産)ではリップル(XRP)が強い動きを見せています。

この背景には、ブロックチェーン決済企業のリップル社と米証券取引委員会(SEC)のリップル裁判の和解の可能性について楽観的な見方が出ているためです。

●リップル裁判

2020年12月、SECがリップル社と幹部であるブラッド・ガーリンハウス氏とクリスチャン・ラーセン氏が13億8000万ドル以上の価値のあるXRPを無登録証券として販売したと提訴

リップル社の証券法違反を巡る裁判で、リップル社とSECが9月12日に法廷に略式判決を求める申し立てを行った後、XRPが急騰する場面がありました。

リップル社とSECは、リップル社がXRPを売却して違法に資金調達を行ったかどうかについて、利用可能な証拠を用いて2022年12月までに評決を出すべきと合意したと考えられています。

XRPの価格は、この略式判決の申し立てがあって以来、およそ60%も急騰しています。市場参加者は、リップル社に有利な判断となる可能性を楽観視しているようです。

また、長きにわたる争いの決着が迎える可能性から、結果がどうあっても上昇するのではないかと言う投資家の声もあります。

さらに、リップル社のブラッド・ガーリングハウスCEOが9月22日に行われたFox Businessとのインタビューで同様の見方を示し、自身の主張に自信を見せたことから、上昇に拍車がかかる結果となりました。

なお11月16-17日には、年に1度のリップルのイベントであるSwellがロンドンで開催されることが予定されています。


かつて、仮想通貨業界で絶大な人気を誇ったXRPが、再び脚光を取り戻す日が近いのかもしれません。

安心のGMOインターネットグループ
初心者にも安心の取引所!20の暗号資産を取り扱い。充実の取引サービスは、現物、レバレッジ、暗号資産FX、積み立て、APIトレードが可能。FX取引ツールレベルの高機能で使いやすいスマホアプリ!10種類のテクニカル指標が利用できるチャートにスピード注文も可能◎

※本記事の意見や予測は、筆者の個人的な見解であり、金融商品の売買を推奨を行うものではありません。
投資にあたっての最終決定はご自身の判断でお願いします。

児山 将

児山 将

みんかぶ暗号資産(みんなの仮想通貨)プロデューサー 大学4年時にFXを始め、卒業後は飲食店の店長として勤務するも、相場に関りたくみんかぶに転職。記事執筆とサイトディレクションを担当。2015年より暗号資産(仮想通貨)に将来性を感じ、当時1円だったXRPに注目。暗号資産(仮想通貨)以外にも株式、FX、商品CFDなど多岐に渡る金融商品のコンテンツを作成。個人投資家との交流に注力しています

関連コラム

児山 将の投稿

児山 将の投稿一覧へ

ビットコイン/円レート・チャート

主要通貨レート

メデイア・広告掲載について

『みんかぶ(暗号資産)』への広告のお問い合わせ・ご相談、お待ちしております。BTC、ETHでのお支払いも可能です。

お問い合わせはこちら