アルトコイン堅調もビットコインは小動き

筆者: 松田 康生

ポイント

・1万6000ドル台半ばで小動き
・アルトコインは堅調もBTCはついていけず
・CZ氏の復興ファンドが10億ドル規模に
・強気な見方も出てきたが、まだ一部にとどまる

昨日のBTC相場

昨日のBTC相場は小動き。火曜日に年初来安値を更新した後、1万6000ドル(約225百万円)台に回復。その後は1万6000ドル台半ばでの取引が続いている。

BTCは火曜日に年初来安値を更新した後、アルトコインの反発もあり1万6000ドル台を回復、ARK Investmentのキャシー・ウッド氏がFTX破綻後もコインベース株やGrayscaleのファンドなどを購入した理由を示し、またTRON創始者のジャスティン・サン氏がFTXの資産に興味を示す中、1万6000ドル半ばに値を上げた。

昨日早朝のFOMC議事録は利上げペース減速とピーク金利上振れというハト派・タカ派の入り混じった内容となり、警戒感が後退した事でBTCは若干買われたが、米市場が感謝祭で休場となる中、その後は小動きに終始した。

前日に大きく上昇したLTCは若干反落したが、出遅れていたETHやXRPが上昇するなど、アルトコインは総じて堅調な値動き。

ステーキングしたETHは上海アップデートまで引き出すことが出来ないが、そのテストが近々開始されるとされ、また上海アップデートの概要も明らかにされたことなどが材料視された模様。

一方、BinanceのCZ氏はブルームバーグのインタビューで同氏が提案している復興ファンドの規模が10億ドル規模となると語ったが、相場に与える影響は限定的だった。


【新着・関連記事】

・今日の見通し|BTC相場は上値の重い展開を予想
【必見】ビットコインのレバレッジ取引で利益を出すために知っておきたいポイント
ビットコインのレバレッジ取引は楽天ウォレット|おすすめポイントや口コミを紹介

楽天グループが運営する仮想通貨取引所
楽天ポイントで仮想通貨デビュー!100ポイントから投資可能
楽天ウォレットバージョン Proは建玉管理料0.00%で提供

※本記事の意見や予測は、筆者の個人的な見解であり、金融商品の売買を推奨を行うものではありません。
投資にあたっての最終決定はご自身の判断でお願いします。

松田 康生

松田 康生

楽天ウォレットシニアアナリスト|東京大学経済学部 国際通貨体制専攻 三菱UFJ銀行・ドイツ銀行グループで為替・債券のセールス・トレーディング業務に従事。2018年より暗号資産交換業者で暗号資産市場の分析・予想に従事、短国・レポ・為替・米国債・欧州債・MBSと幅広い金融市場に精通

関連コラム

松田 康生の投稿

松田 康生の投稿一覧へ

ビットコイン/円レート・チャート

主要通貨レート

メデイア・広告掲載について

『みんかぶ(暗号資産)』への広告のお問い合わせ・ご相談、お待ちしております。BTC、ETHでのお支払いも可能です。

お問い合わせはこちら