• ・6/2(土) 海外大手取引所HitBTC、日本人締め出しか
  • ・6/5(火) リップル社CEO「主要銀行で年内にもxRapidの稼働が開始」
  • ・6/6(水) Wowoo(WWB)が高騰

 

◇6/2(土) 海外大手取引所HitBTC、日本人締め出しか

海外大手HitBTCが日本の法律に基づき、日本からのアクセスを一時的に停止すると発表。

14日間の猶予が終わると日本人のアクセスは出来なくなるとの事です。

For the avoidance of any doubt and in accordance with the Japan Payment Services Act, HitBTC has temporarily suspended providing virtual (crypto) currency exchange services to residents of Japan.

出所:https://hitbtc.com/

 

最初の発表は6/2(土)HitBTCからの通知メールで来ました。

たまたまメールを見たユーザーがTwitterで拡散して話題に。

出所:Twitter

 

HitBTCは日本進出を目指すために今回の処置を行ったとの事です。

同取引所は規模としては大手に部類しますが、取り扱い通貨は匿名系やマイナー通貨が多く、また取引量が極端に少ないものが多く存在するため、

ただでさえ新規通貨の追加基準が難しい日本では金融庁の認可が下りづらいのではないでしょうか。

日本で取引所開設する際はマイナーなアルトコインを全て削ぎ落し、ビットコイン、イーサリアムなどメジャー通貨だけの取引所を開設するというものであれば、

ひょっとしたらサービス展開は有り得るかもしれません。

海外取引所の日本進出と言えば、直近では米大手コインベースのニュースがありましたね。

こちらはMUFGと提携し展開してくるそうなので、そういった懸念点は無さそうなのですが。

続報に期待です。

◇6/5(火) リップル社CEO「主要銀行で年内にもxRapidの稼働が開始」

リップル社CEOが、主要銀行で年内にもxRapidが稼働」と発言しました。

また「2019年になれば世界の数十の銀行でも稼働が始まる」とも発言し、XRPの価格が5%上昇しました。

※xRapidとはリップル社が提供する送金サービスの事です。

 

◇リップル/円(XRP/JPY) 1時間足チャート

 

数あるアルトコインの中で最も実利用に近いと言われるリップルですが、ここへ来てその期待感が一層高まりましたね。

実際にxRapidが稼働するとブリッジ通貨としてXRPが使われますので、XRPの価値も今以上に上昇する可能性があります。

今後も目が離せません。

◇6/6(水) Wowoo(WWB)が高騰

本日Wowoo(WWB)が急騰し、執筆時点で前日比50%超となりました。

参考:仮想通貨WOWBIT(WWB)とは? 特徴、チャート、将来性など

 

出所:BlockFolio

 

WWBは5/15(火)に上場後、一時600円を超え時価総額1000憶円に達しましたがそれ以降は下落基調でした。

今回の上昇理由として考えられるのは、6/8(金)から始めるランキング報酬キャンペーンでしょうか。

キャンペーン内容は、Wowooが上場しているBit-Z取引所上でWWBの総取引量を競い、6/15(金)にまで総取引量上位100名に報酬が与えられるというものです。

「保有数」ではなく「総取引量」という点がポイントかもしれません。一方的に価格上昇していくよりは、値動きが活発になるかもしれず注意が必要です。

大きな値動きがあればそれだけチャンスの回数も増えますが、ジャンピングキャッチには気を付けたいですね。

もし投資を検討されている方は、海外取引所のためリスクがあるという事と、上記を考慮しつつ対応された方が良いかもしれません。

 

それでは。

 

リップルの取引高国内トップ!使いやすいインターフェースを提供するbitbank↓


※本記事の意見や予測は、筆者の個人的な見解であり、金融商品の売買を推奨を行うものではありません。
投資にあたっての最終決定はご自身の判断でお願いします。