ページTOPへ
店舗情報

銀座沼津港で初のビットコイン決済

銀座沼津港は、2015年からビットコイン決済を導入しているお寿司屋さんです。

経済ニュースで何度も放送されていることから、仮想通貨投資家さん以外にも認知度は高いのではないでしょうか。

ビットコインを取引していて、ビットコインのサイトも運営しているのに、店舗決済は経験がない筆者。

この機会にお寿司を食べて店舗決済をしようと思い、友人の投資家(FX、仮想通貨)であるRさんとともに銀座沼津港へと行ってきました。

 

銀座の一等地の人気店

まず、銀座沼津港は銀座1丁目の2014年11月にオープンしたキラリトギンザという新しい商業施設のなかに入っています。

『銀座×寿司』という恐ろしく高いイメージが先行しながら、空いている時間を狙って日曜日の午後15時に訪問。

しかし、店内はほぼ満席で埋まっており、その人気の高さがうかがえます。

メニューを見て驚いたのですが、なんと1皿90円からとお手頃価格で提供されているのです。

ちなみに、最高値はフォアグラ寿司の2,000円でした。

(参考:銀座沼津港のメニュー

 

ビットコインATMが設置

驚いたのは、ここにはビットコインを買えるATMがあったのです。

ATMはSundaleという会社のようです。

友人のRさんが「一度買ってみたかった!」と興味本位から1,000円分のビットコインの購入にチャレンジ。

購入金額を決めたら、お金を入れて、携帯端末で認証を行い、ビットコインアドレスを入力してウォレットに送れば購入完了です。

ただし、ここで落とし穴が。。

為替の両替レートと同じく、買値が実勢レートを遥かに上回っているのです。

この日のビットコイン/円レートは133,000円前後で推移していましたが、なんとATMでの購入レートは149,466円!

 

約12%も高いことに衝撃を受けました。

なので、筆者としてはビットコインをATMで購入することはおすすめしません。

参考までにレシートを添付しておきます。

 

いよいよビットコイン決済

さて、2人合わせて5皿ずつお寿司を食べて満足したので、いよいよビットコイン決済です。

bitFlyerのアプリを確認し、レジへ。。

 

「ビットコイン決済をお願いします。」

と店員さんに伝えると、スムーズにアイパッドを用意。

 

聞くと、月に50~60名もビットコイン決済を行う人がいるそうで、慣れているとのこと。

表示されたバーコードを読み込んで。。

っと、ここでトラブルが発生!

どうやら、勝手にQRコードを読み込んで、そのビットコインアドレスに送信するものだと思っていたら、送信ボタンがどこにもないことに気づきました。

なんと、bitFlyerには取引のアプリとウォレット用のアプリがあり、筆者のアプリは取引アプリのみの為、決済できないとのこと。

(bitFlyerウォレット)

 

仕方なく、現金で決済することにしました。

残念。。

次回は、投資家繋がりの友人であり、コラムニストの佐東さん、加藤さんと共に日本橋の焼肉屋さん「にくがとう」で決済のリベンジをしたいと思います(笑”

みんなの仮想通貨 Twitter更新情報

みんなの仮想通貨 公式ソーシャル