先週金曜日対比
通貨 BTC ETH XRP BCH LTC
価格 940,168 29,122 47.9 47,900 12,376
+5.4% +5.9% +4.3% +4.3% +5.7%

暗号資産関連法案成立

週末のビットコイン(BTC)相場は反騰、金曜日の急落を7割方回復する展開となった。

金曜日に米債金利低下もあり上値トライするも、9000米ドルで達成感が出たせいか87万円台まで急落したBTC相場だったが、91万円台に反発すると金商法および資金決済法の成立を受け、先行きの不安感もあり若干値を下げた。実際、複数の投げ銭サービスの停止等も聞かれた。

しかし、Coincheckが国内交換所では1年以上ぶりの新規通貨取扱開始でモナコイン(MONA)が急騰したこともあり反発を見せると、CMEの5月限最終日に向けて買戻しが優勢となる動き。

FSBの報告書で各国の規制ギャップを埋めることが推奨され、また共同がG20で追加対策を2021年までに策定するとされると規制の進展を好感してか半値戻しとなる93万円近辺で底堅く推移した。

その後、FT紙にSECヘスター委員がETF承認に向け戦うという記事もあり同水準を上抜けると95万円近辺での取引が続いている。

 

【新着・関連記事】
思惑通りのFSB報告書
G20に向けて仮想通貨相場を占う

安心のGMOインターネットグループ
5つの通貨で現物、レバレッジ取引、仮想通貨FXが可能!FX取引ツールレベルの高機能で使いやすいスマホアプリ!10種類のテクニカル指標が利用できるチャートにスピード注文も可能◎
スピード注文のGMOコイン

※本記事の意見や予測は、筆者の個人的な見解であり、金融商品の売買を推奨を行うものではありません。
投資にあたっての最終決定はご自身の判断でお願いします。