朝方の下落はメンテ前のポジション調整か

昨日のビットコイン(BTC)相場は目立った材料が無い中、上値の重い展開となった。先週末にクラリダFRB副議長が米利下げの可能性に言及した事もあり99万円近辺まで上昇後、87万円台まで急落したBTC相場だが、SECヘスター議員の発言もあり半値戻しとなる93万円を上抜けると95万円台まで値を上げた。

フェイスブックがトークン発行に向けCFTCと対話を始めているとの報も好感されたが、日米欧の銀行が新たな電子決済を目指すとの報はXRPなどの上値を重くした(XRPはその後一時上昇する)。

目立った材料が無い中、93万円を割り込むとテクニカル的にやや重い形となり90万円台まで急落したが、米10年債金利が急落するとBTCは反発。

その後、GAFAに対する反トラスト捜査懸念などもありBTCも値を下げるも、米債金利が再び低下した事もあり90万円でサポートされたが、BitMEXのメンテナンスを前のポジション調整もあって88万円まで急落している。

 

【新着・関連記事】
売り材料が出た訳でない
ビットコイン相場、6月はどうなる?月足5連騰を予想する理由

安心のGMOインターネットグループ
5つの通貨で現物、レバレッジ取引、仮想通貨FXが可能!FX取引ツールレベルの高機能で使いやすいスマホアプリ!10種類のテクニカル指標が利用できるチャートにスピード注文も可能◎
スピード注文のGMOコイン

※本記事の意見や予測は、筆者の個人的な見解であり、金融商品の売買を推奨を行うものではありません。
投資にあたっての最終決定はご自身の判断でお願いします。