米中貿易戦争一時停戦?

昨日のビットコイン(BTC)相場は大きく反落。150万円近辺でピークを付けた後、乱高下を繰り返しながら110万円近辺までの反落を見せた。

レジャーX(LedgerX)が現物受渡のBTC先物取引をCFTCから承認を得た事が好感され、120万円を上抜けたBTC相場は香港情勢の悪化もあり勢いを増すと、最後は買いが買いを呼ぶ展開で150万円近辺まで急騰を見せた。

しかしコインベースのアクセス障害や、上昇の過程でETFが承認されたというデマが流れていた事などが嫌気され120万円台まで急落。すぐさま切り返し140万円台に値を戻すと、サウスチャイナポストが米中首脳会談で米追加関税見送りと貿易戦争の一時停戦の見通しが示されると、今回の強気相場を支えていた材料の一つである逃避買い意欲が減退。

結局、150万円近くまで戻せず力尽きると下げ足を強めた。さらに元GSのノボグラッツ氏の26日にBTCを少し売った、もっと売れば良かったとのコメントもあり110万円近辺まで下落している。

 

【新着・関連記事】
ピークの翌日25%、1週間で40%
何故エフナリティーがXRPのライバル本命か?14行出資のプロジェクトの目指すもの

【PR】仮想通貨のFX取引だけじゃない!石村社長へ聞くGMOコインの魅力

スピード注文のGMOコイン
安心のGMOインターネットグループ
初心者にも安心の取引所!5つの通貨で現物、レバレッジ、仮想通貨FXが可能。FX取引ツールレベルの高機能で使いやすいスマホアプリ!10種類のテクニカル指標が利用できるチャートにスピード注文も可能◎

※本記事の意見や予測は、筆者の個人的な見解であり、金融商品の売買を推奨を行うものではありません。
投資にあたっての最終決定はご自身の判断でお願いします。