ビットコインは2017年にバブルを迎え、一時は200万円を超えるほどになっていましたが、2018年にバブルは崩壊し、約220万円から一気に約80万円まで暴落しました。

高値でビットコインを買った人は真っ青の状況だったと思いますが、2019年に入ってからビットコインは見事に息を吹き返し、6月には100万円を突破して150万円に到達しそうな勢いでした。その後とは100万円付近まで値が下がったものの、7月には130万円辺りを推移しています。

一時は「ビットコインはもう終わりだ」などという人もいましたが、なぜ再び価格が急上昇するようなことが起こったのでしょうか?

今回はビットコインの価格急上昇の要因とともに、今後のマイニングの可能性について解説していきたいと思います。

暗号資産業界の成熟に伴う法整備と大手企業の参入

ビットコインの価格急上昇の要因となったものの1つとして、以前に比べて暗号市産業界が成熟してきており、法整備が進められてきたことによって投資家が安全に取引をしやすい環境が整いつつあることが挙げられます。

暗号資産業界は過去に、コインチェックやザイフなどがハッキングを受けたことにより、相当な金額の暗号資産が流出してしまいました。これを皮切りに暗号資産における顧客資産保護の重要性が注目され、暗号資産の交換所がハッキングなどされることによって顧客の暗号資産が盗まれた場合、その分は交換所が補填するという法改正がされたことによって、暗号資産流出のリスクは軽減されることとなりました。

これに加えて、新規に暗号資産を発行、販売することで投資家から資金を集める仕組みであるICOについても、世界的に金融当局に監視されるようになったことで、暗号資産のリスクを懸念していた投資家が参入しやすくなってきています。

さらに暗号資産業界が息を吹き返す後押しをしたのが、大手企業の参入です。仮想通貨交換所登録の審査が進むことで、ディーカレットやヤフーが参加するTAOTAO、楽天ウォレットなど、資本力がある企業が続々と登録してきており、海外でもリップルの取引や送受信サービスが進むなど、暗号資産業界への企業進出が進んでいます。

以上のように企業や投資家が参入を進めることで、暗号資産業界に対する期待とともに今まで以上のお金が投じられることになり、それがビットコインの価格急上昇を促したと考えられます。

ビッグイベントの開催

暗号資産には、世界最大規模のイベントであるコンセンサスがあります。

コンセンサスは世界中から事業者や投資家、開発者が集まるイベントで、重大なニュースが発表されることもあることから、暗号資産の価格上昇の起因になることも多いといわれています。

そのため、2019年もコンセンサスに向けて相場は盛り上がりを見せ、ビットコイン価格上昇の追い風となりました。

マイニング市場の活発化

ビットコインの暴落を皮切りに暗号資産の価格が大幅に下落したことで、稼働を停止したマイニングファームや、いったんマイニングから離れて休止状態となったマイナーが多く存在していました。しかし、機関投資家の参入や半減期を迎えることを見越して再びマイニング市場が活発化を始めています。

また、マイニングが盛んな中国では5月から9月の間は雨期に入り、そのおかげで水力発電が活性化して電気代が大幅に安くなるため、この時期はマイニングの勢いが増してビットコインのハッシュレートが上がる傾向があります。ハッシュレートが上がると、システムが活発かつ安全に稼働しているという印象を世界に与えやすくなるため、それも多くの人がビットコインを購入して市場が上向きになる要因になっていると考えられます。

また、大手マイニング業者であるビットメインが、多額の費用を投じてマイニング設備を強化したことも、市場に影響を与えたと推測できます。

今後のマイニングの可能性

ここまでに、ビットコインの価格が急上昇した要因について解説してきました。暗号資産の価格はさまざまな要因が絡み合って変動するので、ここまでに挙げた要因以外の動きも暗号資産の価格変動に影響を与えたと考えられます。

ただ、1ついえることは、ビットコインの価格急上昇の要因となったと考えらえるものは、共通して投資家にとってポジティブな内容であったということです。ポジティブな要因が立て続けに起こって市場参加者も増加傾向にあるということは、暗号資産市場全体が活性化し始めているといえます。

では、この状況の中でマイニングの可能性はどうなのかというと、今まで市場参入を見送っていた機関投資家が続々参入する可能性や、半減期に向けてマイニング業界が活性化していくことを考えると、暗号資産市場はさらに活気づいていくと予想できます。従って、マイニングで稼ぐなら「今がチャンス」だと考えられます。

すでにマイニング業界に参入している方の中には、このことを理解して積極的に情報収集を行い、精力的にマイニングを行っている方も多いと思いますが、これからマイニング業界への参入を考えている方は、迷っているうちに稼ぎ時を逃す可能性があります。

従って、クラウドマイニングやマイニングプールへの参加を通して、できるだけ早く市場に参入した方がチャンスはあると考えられます。

 

<本記事ご協力>

JWマイニングファーム国内自社ビル運営 JWマイニング株式会社

JWマイニング株式会社

jwmining