売り圧力が続くビットコイン相場、どこまで下げるのか?

筆者: 松田康生

第2波

昨日のビットコイン(BTC)相場は続落。キーとなる7000ドル水準(76-77万円)を下抜けた後、一旦は6800-6900ドル(75万円近辺)でもみ合ったが、もう一段の下げで6500ドル台(72万円)まで値を下げている。

米株が連日史上最高値を更新するなか、上値をうかがうも戻り高値を切り下げていたBTC相場だが、中国の大規模BTC詐欺スキームによる売り圧力がかかっているというBloombergの報道もあり7000ドルを下抜けると75万円近辺まで急落。ErisXの現物受渡型先物開始、テザー裁判での進展などもあり一旦は下げ止まりを見せていた。

しかし欧米時間に入りリスクオン相場になるも上値を抑えられると、米株の高値警戒感もあってか円買い、スイス買い、VIX指数などが反発する中、仮想通貨も全面安となりBTC相場は再び値を崩した。なかでも20セントを割り込んだXRPの下げがきつく、アルトコインと比べるとBTCの下げは小幅にとどまっている。

 

【新着・関連記事】
中国からの売りフローは続く
仮想通貨にシステムトレードは有効か

安心のGMOインターネットグループ
初心者にも安心の取引所!5つの通貨で現物、レバレッジ、仮想通貨FXが可能。FX取引ツールレベルの高機能で使いやすいスマホアプリ!10種類のテクニカル指標が利用できるチャートにスピード注文も可能◎

※本記事の意見や予測は、筆者の個人的な見解であり、金融商品の売買を推奨を行うものではありません。
投資にあたっての最終決定はご自身の判断でお願いします。

松田康生

松田康生

FXcoinシニアストラテジスト 東京大学経済学部 国際通貨体制専攻 三菱銀行(本部、バンコック支店)ドイツ銀行グループ(シンガポール、東京)を経て2018年7月より現職。 短国・レポ・為替・米国債・欧州債・MBSと幅広い金融市場に精通

関連コラム

松田康生の投稿

ビットコイン/円レート・チャート

メデイア・広告掲載について

『みんなの仮想通貨』への広告のお問い合わせ・ご相談、お待ちしております。BTC、ETHでのお支払いも可能です。

お問い合わせはこちら

加盟協会