GMOコインの仮想通貨FXのスプレッドが280円にまで縮小!

筆者: ひろぴー

仮想通貨FXが人気のGMOコインですが、10月から12月にかけてスプレッドが徐々に縮小してきております。

11月に入ってからは、ビットコイン(BTC/JPY)のスプレッドで280円を提示する時も出てきました。

ビットコインの価格が100万円台から80万円台まで下落したためにスプレッドが縮小したとも考えられますが、ディーカレットのスプレッドを見ると400円と変わっていません。

11月20日のスプレッドと12月9日のスプレッドを比較してみると、ビットコイン以外にもイーサリアム(ETH)とビットコインキャッシュ(BCH)のスプレッドが劇的に縮小していることが分かります。

11月20日

12月9日

出所:仮想通貨・ビットコイン取引所 手数料比較

◇GMOコインの仮想通貨FXのスプレッドの変化

  • ビットコイン:382円 → 280円
  • イーサリアム:30円 → 18円
  • ビットコインキャッシュ:80円 → 40円
  • リップル&ライトコイン:変わらず

※スプレッドは変動しており、掲載している数値は相場が変動していない時に取得

この間、DMM Bitcoinのスプレッドを見ると、大幅とまではいかないまでも縮小。

一方でディーカレットは、リップルとビットコインキャッシュ、ライトコインは縮小していますが、イーサリアムは20円から30円に拡大しています。

なお、みんなの仮想通貨には掲載されていませんが、TAOTAOのビットコインのスプレッドは500円程度とやや広い状況。

しかし、昨年はスプレッドが1200円程度であったため、この1年で半分以下に縮小している状況です。

レバレッジの倍率が引き下げられるとともに、取引量が減少し流動性が低下したと思われる厳しい状況にもかかわらず、ユーザー獲得に向けた交換業者の企業努力が感じられます。

仮想通貨交換業者の主な収益は販売所とレバレッジ取引と言われているため、FX同様にスプレッドを縮小して新規ユーザーの獲得を目指す動きが続くのではないでしょうか。

国内業者はレバレッジの倍率では海外業者に勝てない一方、スプレッドの狭さや取引しやすいアプリには定評があります。ここで頑張ってほしいですね!

2020年にはさらにスプレッドが縮小している可能性があり、トレーダーにとっては嬉しい限りですね!

安心のGMOインターネットグループ
初心者にも安心の取引所!5つの通貨で現物、レバレッジ、仮想通貨FXが可能。FX取引ツールレベルの高機能で使いやすいスマホアプリ!10種類のテクニカル指標が利用できるチャートにスピード注文も可能◎

※本記事の意見や予測は、筆者の個人的な見解であり、金融商品の売買を推奨を行うものではありません。
投資にあたっての最終決定はご自身の判断でお願いします。

ひろぴー

ひろぴー

CXRエンジニアリングCEOとして金融取引ソリューション企業を経営。投資暦は10年以上。株式投資から開始し、FX、先物、商品まで取引。2014年から仮想通貨に投資を開始。同時に仮想通貨投資のエバンジェリストとして執筆・セミナー活動を開始。FX市場で鍛えた世界の投資マネーの潮流を読み取る分析力を武器に、仮想通貨取引でも高い実績を叩き出す。ビットコインFXブログ(https://bitcoin-fx.jp/)を運営中

関連コラム

ひろぴーの投稿

ビットコイン/円レート・チャート

メデイア・広告掲載について

『みんなの仮想通貨』への広告のお問い合わせ・ご相談、お待ちしております。BTC、ETHでのお支払いも可能です。

お問い合わせはこちら

加盟協会