ビットコインが年初来高値を更新!

筆者: サエグサケイト

ビットコインの次の展開は?

1週間近く100万円付近で推移していたビットコインは、ついに上へブレイクし108万円へ到達しました。100万円〜104万円の価格帯は、2019年6月〜9月の間にサポートラインとして機能していました。100万円を割り込んだ後は、2019年10月末の上昇で一度頭打ちとなり、サポートラインからレジスタンス転換となっていました。この上昇トレンドにおいて、ここを上抜けることができるかどうかが重要になっていましたが、力強い上昇を見せてくれました。主要なアルトコインも強い上昇となっており、仮想通貨市場の時価総額は30兆円に到達。ビットコイン独歩高ではないため、一時的な上昇ではなさそうです。

筆者が前回の記事(重大な局面が迫るビットコイン、今後のシナリオを考察)で書いたメインのシナリオ通りに進んでいっているため、今回はこれから先の展開について考えていきたいと思います。

4時間足チャート分析

4時間足チャートは、上昇チャネルが強く機能しています。N値を用いて利益確定のターゲットを考えてみると、120万円辺りとなりそうです。

ダイバージェンスが発生していますが、ダウ理論では日足、4時間足、1時間足の時間足全てが上昇トレンドに入っているため、安易な逆張りは禁物でしょう。そのため、売買戦略としては、この上昇チャネルに沿った順張りとなります。筆者は、現物で少しずつ買い増しを行っていくつもりです。

15分足チャート分析

今日は横ばいとなっていますが、15分足チャートを見ると上値追いの状況にありますしかし、MACDなどのオシレーター指標を見るとダイバージェンスが発生しているため、いったん調整が入るのではないでしょうか。

昨晩、著名投資家であるウォーレン・バフェット氏とトロン(TRON)のCEOであるジャスティン・サン氏との会食が話題になったものの、相場は頭打ちとなっています。

そのため、現在のメインシナリオは15分足レベルのチャネルを下抜けし、104万5000円辺りまで調整が入るのではないかと考えています。ビットメックスの資金調達率を見ると、しばらくの間買い手側の支払いだったにも関わらず上昇を続けてきたため、相場には休憩が必要ではないのでしょうか。

安心のGMOインターネットグループ
初心者にも安心の取引所!9つの暗号資産で現物、レバレッジ、暗号資産FXが可能。FX取引ツールレベルの高機能で使いやすいスマホアプリ!10種類のテクニカル指標が利用できるチャートにスピード注文も可能◎

※本記事の意見や予測は、筆者の個人的な見解であり、金融商品の売買を推奨を行うものではありません。
投資にあたっての最終決定はご自身の判断でお願いします。

サエグサケイト

サエグサケイト

現役大学生FXトレーダー。2018年に仮想通貨に出会ったことから投資を始め、現在はFX・指数の中長期トレードをメインに行なっている。テクニカルとファンダメンタル分析を組み合わせた、大きな波に乗るトレードが得意。趣味は読書とラーメン屋巡り。

関連コラム

サエグサケイトの投稿

サエグサケイトの投稿一覧へ

ビットコイン/円レート・チャート

メデイア・広告掲載について

『みんなの仮想通貨』への広告のお問い合わせ・ご相談、お待ちしております。BTC、ETHでのお支払いも可能です。

お問い合わせはこちら