仮想通貨取引所のスプレッドが狭いのはどこ?

筆者: ひろぴー

筆者のようなFXトレーダーの参入も多い仮想通貨市場。

日本では、FX取引のように2Way priceの取引方式である販売所方式のレバレッジ取引が人気となっています。FXのように仮想通貨取引をできることから、GMOコインでは「仮想通貨FX」というサービスもあります。

さて、FXと言えば主な取引コストはスプレッドとなります。そのため、スプレッドが狭いFX会社が人気となっており、2019年10月には主要FX会社がドル円のスプレッドを0.3銭から0.2銭へと縮小させました。

仮想通貨ではどうでしょうか。

主要仮想通貨取引所で、販売所方式のレバレッジ取引を行っている会社は以下の4社です。

・GMOコイン
・DMM Bitcoin
・DeCurret(ディーカレット)
・TAOTAO

みんなの仮想通貨の「レバレッジ取引のページ」を見ると、GMOコインのスプレッドが狭いようです。ビットコインからリップル、イーサリアムなどのアルトコインまで圧倒的に狭くなっているようですね。

でも、これは相場が平時の時といえるでしょう。

コロナショックで乱高下しているときにスプレッドは大きく開いていたり、約定遅延や拒否も発生するかもしれません。

そこで、相場が大きく動いている際のこれらの取引所のスプレッドが表示されている画面のスクリーンショットを撮ってみました。

少し見づらいですが、左上からディーカレット、TAOTAO、GMOコイン。右手がDMM Bitcoinとなります。

これを見ると、やはりGMOコインが全ての仮想通貨で狭いスプレッドを提示しています。なお、ディーカレットのビットコインは固定スプレッドとなっていました。

この10分程度後にもスクリーンショットを撮りました。

ディーカレット、TAOTAOのスプレッドはほとんど変わっていません。DMM Bitcoinはビットコインのスプレッドがやや広がりました。

GMOコインは、ビットコインのスプレッドが291円に縮小したものの、ビットコインキャッシュが60円から80円に、リップルが0.08円から0.1円に拡大しています。

それでも、やはり狭いスプレッドを提示しています。

GMOグループには、FXの取引高7年連続世界トップを誇るGMOクリック証券があります。GMOコインもそのノウハウを生かして運営されているため、狭いスプレッドが提示されているのではないでしょうか?

 

単純にスプレッドだけを見ると、販売所方式のレバレッジ取引ではGMOコインとなりますが、同社が提供するスマホアプリもスピード注文に便利なチャート分析など定評があります。

先日、月間取引金額がレバレッジ4倍以降で最高値を記録したというプレスリリースを出していたこともあり、GMOコインの人気がさらに高まりそうですね。

安心のGMOインターネットグループ
初心者にも安心の取引所!5つの通貨で現物、レバレッジ、仮想通貨FXが可能。FX取引ツールレベルの高機能で使いやすいスマホアプリ!10種類のテクニカル指標が利用できるチャートにスピード注文も可能◎

※本記事の意見や予測は、筆者の個人的な見解であり、金融商品の売買を推奨を行うものではありません。
投資にあたっての最終決定はご自身の判断でお願いします。

ひろぴー

ひろぴー

CXRエンジニアリングCEOとして金融取引ソリューション企業を経営。投資暦は10年以上。株式投資から開始し、FX、先物、商品まで取引。2014年から仮想通貨に投資を開始。同時に仮想通貨投資のエバンジェリストとして執筆・セミナー活動を開始。FX市場で鍛えた世界の投資マネーの潮流を読み取る分析力を武器に、仮想通貨取引でも高い実績を叩き出す。ビットコインFXブログ(https://bitcoin-fx.jp/)を運営中

関連コラム

ひろぴーの投稿

ビットコイン/円レート・チャート

メデイア・広告掲載について

『みんなの仮想通貨』への広告のお問い合わせ・ご相談、お待ちしております。BTC、ETHでのお支払いも可能です。

お問い合わせはこちら

加盟協会