【満月と新月で検証】アストロロジーはビットコインに通用するのか?

筆者: ひろぴー

アストロロジーという言葉をご存知でしょうか?

アストロロジーとは、占星術で太陽や月、小惑星などの天体の位置や動きなどと人や社会の過去の経験則から占うことをいいます。これを、相場に応用し、底打ちや天井を見極めるという分析方法があるのです。

そんな馬鹿な!と思う方もいらっしゃると思います。しかし、意外にも大相場の天井や底打ちを示すことがあるのです。

満月と新月が相場のサイクル

代表的なアストロロジーとして、月の満ち欠けで相場のサイクルを予想するものがあります。

満月から新月にかけて、ひとつの相場の波があるとする方法です。なお、この期間は15日ですので、ざっと2週間で相場の波が終わると考えられます。

まずは直近の日経平均のチャートをご覧ください。

出所:Trading View

トレーディングビューのムーンフェーズと呼ばれるインジケーターを使っており、○が新月●が満月となっています。

参考:新月と満月の周期をトレーディングビューを使って表示する方法

いかがでしょうか?新月の日に相場が天井を打つ日が多くないですか?赤丸で囲ってみましょう。

2019年6月から2020年2月まで新月は10回。そのうち、天井を打ったタイミング、もしくはその日から下落に転じたタイミングが5回もありました。これは偶然にしては出来過ぎといえるのではないでしょうか。

なお、為替相場も同じようになっていますので、ドル円のチャートを掲載しておきます。

ぱっと見てもわかると思うのですが、新月が天井圏になっている日が多いことが分かります。新月と言えば、暗闇。何やら不吉な予感をイメージさせますが、それとともに相場が下落に転じることを予想できるのがアストロロジーの凄いところです。

一方、満月はというとあまり機能していないように見えます。こちらのチャートでは満月は11回ありますが、相場が反転または底打ちした日はわずか2回。あまり参考にならないようです。

では、お待ちかねのビットコインを見てみましょう!

ビットコインの月のサイクル

◇ビットコイン日足チャート

ビットコイン新月と満月

期待させておいて申し訳ないのですが、ビットコインと月の満ち欠けにおける相関性は確認できませんでした。

ただ、新月と満月の周期が一つのトレンド期間と一致するところ(オレンジ色の枠)もあり、ビックデータを蓄積するとエッジがある部分がある見つかるかもしれません。

まとめ

直近のコロナショック相場では、仮想通貨市場も株式・為替市場につられることが多くなっています。その2つの市場には、新月で天井を打つ日が多いと確認できています。そのため、それらの値動きを予想するという点で仮想通貨の取引に生かせるのではないでしょうか。

安心のGMOインターネットグループ
初心者にも安心の取引所!8つの仮想通貨で現物、レバレッジ、仮想通貨FXが可能。FX取引ツールレベルの高機能で使いやすいスマホアプリ!10種類のテクニカル指標が利用できるチャートにスピード注文も可能◎

※本記事の意見や予測は、筆者の個人的な見解であり、金融商品の売買を推奨を行うものではありません。
投資にあたっての最終決定はご自身の判断でお願いします。

ひろぴー

ひろぴー

CXRエンジニアリングCEOとして金融取引ソリューション企業を経営。投資暦は10年以上。株式投資から開始し、FX、先物、商品まで取引。2014年から仮想通貨に投資を開始。同時に仮想通貨投資のエバンジェリストとして執筆・セミナー活動を開始。FX市場で鍛えた世界の投資マネーの潮流を読み取る分析力を武器に、仮想通貨取引でも高い実績を叩き出す。ビットコインFXブログ(https://bitcoin-fx.jp/)を運営中

関連コラム

ひろぴーの投稿

ビットコイン/円レート・チャート

メデイア・広告掲載について

『みんなの仮想通貨』への広告のお問い合わせ・ご相談、お待ちしております。BTC、ETHでのお支払いも可能です。

お問い合わせはこちら