動意が薄かったビットコイン、今日から動き始めると考える理由

筆者: 松田康生

通貨 BTC ETH XRP BCH LTC
価格 738,679 14,944 18.6 24,633 4,318
前日比 +0.5% +0.6% +6.0% +2.8% +1.4%

ヘッドライン続くも動意薄

昨日のBTC相場は揉み合い推移。ほぼ72-75万円の狭いレンジで、底堅いが上値の重い展開が続いている。FRBの無制限QEや米景気対策への期待感もあり市場の混乱に一服感が見える中、底堅さを増したBTC相場だったが、7000ドル(78万円近辺)に失敗すると50日200日移動平均線のデッドクロスや2桁のマイナス調整が予想されている難易度調整を前に上値の重い展開となっていた。

朝方も外出自粛要請が首都圏に広がる中、日経平均が反落、難易度調整も過去2番目のマイナスとなりじりじりと値を下げていた。しかし調整後も目立った混乱がなく、また2兆ドルの対策案が米上院を通過したこともあり71万円台で下げ止まると、G20首脳会談で5兆ドルの経済対策が表明されたことや米株の反発もあり若干値を戻すが戻りは限定的。一部でマイナーの売りを指摘する声もある。昨日、リップル社から大規模詐欺の見分け方が発表されたXRPが今朝がた値を上げている。

 

【新着・関連情報】
午後以降に動意あるか

安心のGMOインターネットグループ
初心者にも安心の取引所!8つの仮想通貨で現物、レバレッジ、仮想通貨FXが可能。FX取引ツールレベルの高機能で使いやすいスマホアプリ!10種類のテクニカル指標が利用できるチャートにスピード注文も可能◎

※本記事の意見や予測は、筆者の個人的な見解であり、金融商品の売買を推奨を行うものではありません。
投資にあたっての最終決定はご自身の判断でお願いします。

松田康生

松田康生

FXcoinシニアストラテジスト 東京大学経済学部 国際通貨体制専攻 三菱銀行(本部、バンコック支店)ドイツ銀行グループ(シンガポール、東京)を経て2018年7月より現職。 短国・レポ・為替・米国債・欧州債・MBSと幅広い金融市場に精通

関連コラム

松田康生の投稿

ビットコイン/円レート・チャート

メデイア・広告掲載について

『みんなの仮想通貨』への広告のお問い合わせ・ご相談、お待ちしております。BTC、ETHでのお支払いも可能です。

お問い合わせはこちら