【検証】ビットコインは4月に上昇する

筆者: ひろぴー

先月、ビットコインは3月に下落するという検証記事を書きました。

【検証】ビットコインは3月に下落する

結果として、2月後半から本格化したコロナショックの影響で急落し、一時は40万円台前半まで下落することになりました。始値は92万円のため3月は陰線となりそうです。

さて、今回も過去のビットコインの統計データ(2016~2019年)より、4月のパフォーマンスと傾向を見ていきたいと思います。

4月のビットコインは上昇傾向

コインマーケットキャップのヒストリカルデータを元に、2016年から4年分の価格データから算出しました。

すると、4月の平均勝率は100%、平均上昇率は23.91%となりました。

年別の4月の値動きは以下の通りです。

 
始値 高値 安値 終値 騰落幅 騰落率
2016 4万7661 5万2249 4万5592 4万8466 805 1.69%
2017 12万1901 15万9473 12万690 15万6574 3万4673 28.44%
2018 74万4025 106万9950 68万4000 101万790 26万6765 35.85%
2019 45万3198 63万1250 44万9040 58万7006 13万3808 29.53%
 

4月はとにかくビットコインが上昇しています。これには、マイニング市況の好転という仮想通貨の季節要因が大きいようです。2019年にはビットメインのマイニングマシンを買うためにマイナーがビットコインを一斉に買ったために急騰するということも起こりました。

特に今年は5月前半ごろに半減期も予定されているため、需給は例年よりも良くなりそうです。

過去の4月の出来事

4月に起こったビットコイン関連ニュースを見ていきましょう。

2016年

日本でもビットコインがじわりと盛り上がった時期でした。筆者が、みんかぶFXで仮想通貨のコラムを書き始めた時期です。2016年7月にビットコインの半減期を迎えるとあって、注目していた投資家も多かったようです。

2017年

4月1日に改正資金決済法が施行され、同時にビックカメラがビットコイン決済をスタートしました。ここから、国内での爆発的な仮想通貨ブームがスタートしました。ビットコインよりも、リップルやイーサリアムなどのアルトコインの上昇率の方が鮮明となりました。

2018年

コインチェック事件が落ち着き、業界の認定団体を目指す日本仮想通貨交換業協会も発足しました。

参考:マネックスGが一時ストップ高、「コインチェック」効果で個人投資家の買い流入

2019年

3月に国内の新たな交換業者の承認やビットメインが新しいマイニングマシンを発売するという好材料の流れを引き継ぎ上昇。4月25日にはテザー社が発行するUSDTを不正運用した疑いで米・ニューヨーク司法局が捜査に乗り出してビットコインは急落するも、USDTを売却してビットコインを買うという流れが生まれ一転、上昇に転じました。

参考:【投資初心者必見!】仮想通貨が上昇した理由

ビットコインの理論価格は割安

最後に、理論価格とされる二つの指標も見ておきましょう。

なお、ドル円の価格は110円で計算しています。

メトカーフの法則

メトカーフの法則とは、ネットワーク通信の価値は、接続されているシステムのユーザ数の2乗(n2)に比例する、というもの。

この法則にビットコインのユニークアドレス(取引活動があるアドレス)の数を用いてフェアバリューを計算した結果、3月22日時点のビットコインのフェアバリューは8604ドル=94万6440円だそうです。

記事執筆時点は95万円付近で推移しているため、少し割高ということになりますね。

参考:「メトカーフの法則」ビットコイン価格は割安の可能性も(3/23)

ハッシュレート分析

一方でハッシュレート分析によると、こちらもビットコインの妥当価格は8592ドル前後=94万5000円程度となるようです。

参考:ハッシュレート分析によるビットコイン妥当価格は8,592ドル(3/18)

ふたつの指標で全く同じ価格になるという結果になっており、コロナショックが落ち着けばこの価格に集約されてゆくのかもしれません。

 

さて、26日にビットコインの難易度調整が予定されています。ここでは、価格の急落によりマイナーがマシンを停止しており、ハッシュレートは高値から約26%程度下がり、難易度調整では10%以上もの調整が見込まれています。

この後に、マシンを再稼働させるマイナーも多そうですが、ハッシュレート分析による理論価格も変わることが予想されます。

安心のGMOインターネットグループ
初心者にも安心の取引所!5つの通貨で現物、レバレッジ、仮想通貨FXが可能。FX取引ツールレベルの高機能で使いやすいスマホアプリ!10種類のテクニカル指標が利用できるチャートにスピード注文も可能◎

※本記事の意見や予測は、筆者の個人的な見解であり、金融商品の売買を推奨を行うものではありません。
投資にあたっての最終決定はご自身の判断でお願いします。

ひろぴー

ひろぴー

CXRエンジニアリングCEOとして金融取引ソリューション企業を経営。投資暦は10年以上。株式投資から開始し、FX、先物、商品まで取引。2014年から仮想通貨に投資を開始。同時に仮想通貨投資のエバンジェリストとして執筆・セミナー活動を開始。FX市場で鍛えた世界の投資マネーの潮流を読み取る分析力を武器に、仮想通貨取引でも高い実績を叩き出す。ビットコインFXブログ(https://bitcoin-fx.jp/)を運営中

関連コラム

ひろぴーの投稿

ビットコイン/円レート・チャート

メデイア・広告掲載について

『みんなの仮想通貨』への広告のお問い合わせ・ご相談、お待ちしております。BTC、ETHでのお支払いも可能です。

お問い合わせはこちら

加盟協会