米株下落でもビットコインが底堅い理由はBitMEX?

筆者: 松田康生

通貨BTCETHXRPBCHLTC
価格1,235,87240,07726.126,4005,081
前日比+2.5%+1.0%+2.0%+0.5%+1.5%

米株下落でも上昇

昨日のBTC相場は堅調な展開。120万円前後から121万円前後にレンジを切り上げると、海外時間にレンジをブレーク。10月13日の戻り高値を上抜け、124万円台に値を伸ばしている。

週末は目立った材料が無い中120万円を挟んでのもみ合い推移だったが、米民主党のペロシ下院議長が大統領選前の景気対策合意に向けて48時間の期限を設定すると、121万円台にワンタッチ。日本株も上げて始まると、121万円前後にレンジを切り上げていた。

海外時間に入るとユーロが反発。ドル売りとなる中、金が上昇。さらにSWELL開催中に大きく値を下げていたXRPが反発するとBTCにも上昇圧力がかかり始めた。

IMFのイベントでパウエルFRB議長がCBDCについて「1番になるより正しく導入することが重要」としたことも影響したかレンジをブレーク。10月16日の戻り高値122.5万円、さらに10/13の戻り高値123.5万円を上抜け、124万円台まで値を伸ばしている。


Follow @fxcoin_jp


【新着・関連情報】
BitMEX提訴に続きOKExに捜査?DeFiも大丈夫か?
海外では機関投資家の取引が急拡大

【FX Coinの新規口座開設は以下の画像をクリック!】
松田康生

松田康生

FXcoinシニアストラテジスト 東京大学経済学部 国際通貨体制専攻 三菱銀行(本部、バンコック支店)ドイツ銀行グループ(シンガポール、東京)を経て2018年7月より現職。 短国・レポ・為替・米国債・欧州債・MBSと幅広い金融市場に精通

関連コラム

松田康生の投稿

松田康生の投稿一覧へ

ビットコイン/円レート・チャート

メデイア・広告掲載について

『みんなの仮想通貨』への広告のお問い合わせ・ご相談、お待ちしております。BTC、ETHでのお支払いも可能です。

お問い合わせはこちら