【GMOコイン】9月暗号資産取引ランキング|ネム(XEM)が躍進!

筆者: 児山 将

GMOコインより(2020年9月の暗号資産(仮想通貨)取引ランキング)が発表されました。

毎月4つの取引サービスごとに分けて発表しているのですが、9月は少し変化がありました。

【GMOコインが提供する取引サービス】

  • 販売所
  • 取引所(現物取引)
  • 取引所(レバレッジ取引)
  • 暗号資産FX

それぞれの取引サービスごとに見ていき、国内個人投資家の売買動向を探っていきましょう!

販売所

ネム(XEM)が売買シェア(10.8%→14.6%)を伸ばしました。

代わりに大きく落ち込んだのが、XRP(12.2%→8.3%)とOMG(15.3%→3.8%)です。

それでも、時価総額500億円程度のOMGがここまでシェア率が高いことには驚きますね。

取引所(現物取引)

ビットコインのシェアが少し伸びました。一方で、リップルのシェアが大きく落ち込み、イーサリアムは4%ほどシェアを伸ばしました。

取引所(レバレッジ取引)

大きな変化はありませんが、月初のDeFi(分散型金融)ブームでイーサリアムの売買が活況だったことから、そこがシェアの増加に影響してそうです。

暗号資産FX

こちらもネム(XEM)のシェアが伸びており、リップル(XRP)の減少となっています。

ネムは、8月25日にSymbolのロードマップを更新。9月15日にSymbolの※オプトインを開始し、12月17日にメインネットがローンチされる予定となっています。

◆ネム(XEM)日足チャート

※ネム(XEM)保有者が新通貨XYMを受け取る意思表明を示す付与方式のこと、手続きの開始を意味

参考記事:ネム(NEM)のアップデート、Symbolとは 

10月はビットコインがスクエア社の購入のニュースで上昇していますので、ビットコインのシェアが伸びることとなりそうです。

安心のGMOインターネットグループ
初心者にも安心の取引所!9つの暗号資産で現物、レバレッジ、暗号資産FXが可能。FX取引ツールレベルの高機能で使いやすいスマホアプリ!10種類のテクニカル指標が利用できるチャートにスピード注文も可能◎

※本記事の意見や予測は、筆者の個人的な見解であり、金融商品の売買を推奨を行うものではありません。
投資にあたっての最終決定はご自身の判断でお願いします。

児山 将

児山 将

みんなの仮想通貨プロデューサー 大学4年時にFXを始め、卒業後は飲食店の店長として勤務するも、相場に関りたくみんかぶに転職。記事執筆とサイトディレクションを担当。2015年より仮想通貨に将来性を感じ、当時1円だったXRPに投資。仮想通貨以外にも株式、FX、商品CFDなど多岐に渡る金融商品を取引。サイトでは投資家交流に注力

関連コラム

児山 将の投稿

児山 将の投稿一覧へ

ビットコイン/円レート・チャート

メデイア・広告掲載について

『みんなの仮想通貨』への広告のお問い合わせ・ご相談、お待ちしております。BTC、ETHでのお支払いも可能です。

お問い合わせはこちら