リップル(XRP)が1週間で2倍以上に急騰!時価総額3位に浮上

筆者: ひろぴー

ここ最近、大きく注目を集めたのはリップル(XRP)の急騰です。

過去7日間の上昇率は120%超えており、時価総額は1兆円以上増加。テザー(USDT)の時価総額を抜き、およそ2兆9000億円となっています。

出所:仮想通貨ランキングページ

24時間の売買代金は平常時の3000億円程度から急増。週末には1兆円を突破し、記事執筆時点では、2兆7000億円にまで膨れ上がっています。

売買代金はバイナンスがトップとなっていますが、シンガポールやメキシコ、韓国に拠点を置く交換業者での売買も活発になっています。

出所:CMC

国内でリップルの売買代金トップのビットバンクでは、280億円程度を記録。
※リップル60円で計算

交換業者間でのリップルの価格差は1%以上開くようになっており、15円以上開いた場面もありました。

ツイッタートレンドにも、リップル関連のキーワードが登場しており、ビジネス・金融部門では「XRP」に関するツイートが3万7000件を超えています。

この上昇に関して目立ったニュースはありませんが、新規参入した投資家が既に上昇しているビットコインやイーサリアムは購入せずに、時価総額と知名度の高いリップルやネム(XEM)を購入する動きが背景にあるのではないでしょうか。これは、2017年12月にもみられた動きです。

FXcoin松田康生氏によると、「ODLの普及がXRPの需給に結び付く状態ができ上がっていたが、その割にXRPは割安だった」とコメントしています。

参考: XRPが60円回復した理由とビットコイン相場の行方

なお、松田氏のターゲットは60円であったことから、今朝の上昇で到達したことになります。

リップルの売買で人気の取引所!
仮想通貨の関連ニュースや相場分析などの情報を発信するBTCNを運営。リップルとモナコインの取引高がトップレベル!
ひろぴー

ひろぴー

CXRエンジニアリングCEOとして金融取引ソリューション企業を経営。投資暦は10年以上。株式投資から開始し、FX、先物、商品まで取引。2014年から仮想通貨に投資を開始。同時に仮想通貨投資のエバンジェリストとして執筆・セミナー活動を開始。FX市場で鍛えた世界の投資マネーの潮流を読み取る分析力を武器に、仮想通貨取引でも高い実績を叩き出す。ビットコインFXブログ(https://bitcoin-fx.jp/)を運営中

関連コラム

ひろぴーの投稿

ひろぴーの投稿一覧へ

ビットコイン/円レート・チャート

メデイア・広告掲載について

『みんなの仮想通貨』への広告のお問い合わせ・ご相談、お待ちしております。BTC、ETHでのお支払いも可能です。

お問い合わせはこちら