300万円割れから急反発のビットコイン、どう見るべきか?

筆者: 松田康生

通貨 BTC ETH XRP LTC BCH
価格 3,291,500 140,182 28.3 14,348 44,833
金曜日対比 ▼0.9% +11.3% ▼2.1% +3.1% ▼2.6%

*BCH価格はBCHNを使用

取り敢えず反発を見せたが

週末のBTC相場は、金曜日に300万円を割り込んだ後は350万円台まで反発。その後は上値は重く下値も堅い、方向感の無い展開が続いている。

自称サトシのクレイグ・ライト氏によるBTCホワイトペーパー著作権主張やBTCの2重支払の噂、さらにいくつかの弱気なコメントなどもあり300万円を割り込んだBTC相場だったが、Coindeskなどが同氏の主張に屈しない姿勢を見せたBitcoin.orgへの賛同の声や2重支払が発生していない旨を報じたこともあり切り返すと、Microstrategyが10百万ドルの追加BTC購入が報じられると350万円台まで値を戻した。

しかし、1月15日(416万円)と22日(297万円)の半値戻しを前に上値を押さえられると、グレイスケールがアルトコイン6通貨の信託開始を発表。採用されたChainlinkなどが史上最高値を記録する中、ETHが上昇。再び最高値を窺う姿勢を見せたが、BTCは上値の重い展開が続いた。

年末のVanEckに続きヴァルキリー社がBTC ETFを申請したが影響は限定的にとどまった。 


【新着・関連記事】
ビットコインの急落、単なる調整か、ピークアウトか見極める

【FX Coinの新規口座開設は以下の画像をクリック!】
松田康生

松田康生

FXcoinシニアストラテジスト 東京大学経済学部 国際通貨体制専攻 三菱銀行(本部、バンコック支店)ドイツ銀行グループ(シンガポール、東京)を経て2018年7月より現職。 短国・レポ・為替・米国債・欧州債・MBSと幅広い金融市場に精通

関連コラム

松田康生の投稿

松田康生の投稿一覧へ

ビットコイン/円レート・チャート

メデイア・広告掲載について

『みんなの仮想通貨』への広告のお問い合わせ・ご相談、お待ちしております。BTC、ETHでのお支払いも可能です。

お問い合わせはこちら