コインチェックのテレビCMがスタート!アノマリー打破なるか

筆者: ひろぴー

今日からコインチェックが新しいテレビCMを開始しました。

2つあるテレビCMのタイトルは、盛り上がりを表すようにロケットが打ち上がりるものと、ビットコインといえば、コインチェック。というコピーでアプリダウンロードを促すもの。

どちらの宇宙戦艦ヤマトのテーマに乗せた勢いのある動画になっています。

▼「ロケット」篇


▼「タイトル」篇

仮想通貨(暗号通貨)の急上昇が起こる様子を、SNSなどではロケットの画像で表わされることが多いのですが、それをイメージしているのでしょうか。

コインチェックのテレビCMといえば、2017年12月にお笑い芸人の出川哲朗氏を起用し、そこから仮想通貨はバブル的な上昇を演じました。この時に仮想通貨の投資を始めた人たちのことを「出川組」と呼んでおり、その後に交換業者がイメージキャラクターを起用するたびに「剛力組」、「本田組」、などと命名されています。そのため、今回は早速「ロケット組」という言葉がツイッターで確認されました。

さて、国内のテレビCMといえば、相場が反落するというアノマリーがあります。

2018年1月末にはコインチェックで大規模な資産流出事件が発生。2018年8月に元サッカー日本代表の本田圭佑氏を起用した3か月後には、ビットコインキャッシュのマイナー間の争いであるハッシュ戦争が勃発し、仮想通貨市場の時価総額は半減しました。

2020年6月24日にビットフライヤーが、乃木坂46のエースである齋藤飛鳥氏を起用したCMを開始した後は、ビットコインが半減期を迎えた直後で売買代金が過去3年間で最低レベルにまで落ち込むことになりました。

このように、国内の交換業者がCMを始めると、相場が冷え込むことが繰り返されています。

コインチェックのユーザー動向

コインチェックは、昨年の相場の盛り上がりでアプリダウンロード数は一段と上昇。累計ダウンロード数は326万を突破しています。

国内で交換業者に口座を持つ人口が200万人程度ということを考えると、仮想通貨を取引していない人でもダウンロードを行っている計算になります。

口座数と取引高も順調に伸びており、150万円を突破し2年半ぶりの高値を付けた11月には申込数が急増。

12月には着実に取引を行うユーザーが増え、取引高は2020年最大を記録したそうです。

出所:Coincheck、2020年のサービスの利用動向を公開

相場が盛り上がっているタイミングでハッキングリスクが高まりますが、今回はそういったニュースはほとんどなく、交換業者のセキュリティーレベルが向上したことを感じさせます。


今度こそ、国内交換業者のCMアノマリーは打破されるのでしょうか。

「ロケット組」が高値づかみとならないことを願いたいですね。

金融大手マネックスグループの安心・安全の仮想通貨取引所
東証1部上場のマネックスグループの取引所!14の仮想通貨へ約500円から投資可能!人気のアプリはダウンロード累計326万

※本記事の意見や予測は、筆者の個人的な見解であり、金融商品の売買を推奨を行うものではありません。
投資にあたっての最終決定はご自身の判断でお願いします。

ひろぴー

ひろぴー

CXRエンジニアリングCEOとして金融取引ソリューション企業を経営。投資暦は10年以上。株式投資から開始し、FX、先物、商品まで取引。2014年から仮想通貨に投資を開始。同時に仮想通貨投資のエバンジェリストとして執筆・セミナー活動を開始。FX市場で鍛えた世界の投資マネーの潮流を読み取る分析力を武器に、仮想通貨取引でも高い実績を叩き出す。ビットコインFXブログ(https://bitcoin-fx.jp/)を運営中

関連コラム

ひろぴーの投稿

ひろぴーの投稿一覧へ

ビットコイン/円レート・チャート

メデイア・広告掲載について

『みんなの仮想通貨』への広告のお問い合わせ・ご相談、お待ちしております。BTC、ETHでのお支払いも可能です。

お問い合わせはこちら