コインチェックがエンジンコイン(ENJ)の取り扱いを1月26日に開始すると発表!価格は20%以上急騰

筆者: 児山 将

1月19日午前11時40分、コインチェックが1月26日にエンジンコイン(ENJ)の取り扱いを開始予定であることを発表しました。エンジンコインは、国内の暗号資産交換業者において取り扱いがないため、コインチェックが国内初となり、ホワイトリスト入りすることになります。

この発表を受け、エンジンコイン(ENJ)の価格は一時20%以上も急騰する動きを見せています。

▼エンジンコイン(ENJ)1時間足チャート
出所:Binance

エンジンコインの概要

名称:Enjin Coin
ティッカーシンボル:ENJ
時価総額:240億円(2021年1月19日時点)
コンセンサスアルゴリズム:Proof of Work
発行枚数:10億枚
24時間売買代金:150億円程度
売買シェア上位の取引所:バイナンス、アップビット、ビッサム

取り扱い開始:2021年1月26日 12時頃(予定)

▼対象サービス

・Coincheck(WEB)およびCoincheckアプリにおける送金・受取・購入・売却
・Coincheck貸仮想通貨(WEB)
・Coincheckつみたて(WEB)

エンジンコインの特徴

エンジンコイン(Enjin Coin)は、ブロックチェーン資産発行プラットフォーム「Enjin Platform」で利用される暗号資産。

イーサリアムをベースに発行されており、Enjin Platformによって発行されたデジタル資産であるNFT(※Non-fungible token)の購入や、Enjin Coinを裏付けにNFTを発行することが可能です。

また、特徴のひとつであるメルト(溶解)機能により、不要となったNFTをEnjin Coinに戻すことができます。

ENJINマルチバースという仕組みでは、異なるゲームの統合が可能です。例えば、エンジンコインのブロックチェーンを採用しているゲーム間であれば、同じアイテムを移動させて使用する事が可能となります。アイテムの管理には、Enjinウォレットの利用が可能となっています。

2019年12月4日に、マイクロソフトとの連携が発表されると、価格は50%以上も急騰しました。

Enjin Platformは、マイクロソフトの提供する大人気ゲーム『Minecraft』をはじめとする35種類のゲームとNFTの発行において連携しています。今後、連携するゲームタイトルが増加することにより、エンジンコインの利用増加や価値向上が期待できます。

※NFT(Non-fungible token)とは、ブロックチェーン上に記録され、固有の値や情報を持った非代替性の権利証のこと。

出所:コインチェック、Enjin Coinの取扱いを1月26日に開始

金融大手マネックスグループの安心・安全の仮想通貨取引所
東証1部上場のマネックスグループの取引所!14の仮想通貨へ約500円から投資可能!人気のアプリはダウンロード累計326万

※本記事の意見や予測は、筆者の個人的な見解であり、金融商品の売買を推奨を行うものではありません。
投資にあたっての最終決定はご自身の判断でお願いします。

児山 将

児山 将

みんなの仮想通貨プロデューサー 大学4年時にFXを始め、卒業後は飲食店の店長として勤務するも、相場に関りたくみんかぶに転職。記事執筆とサイトディレクションを担当。2015年より仮想通貨に将来性を感じ、当時1円だったXRPに投資。仮想通貨以外にも株式、FX、商品CFDなど多岐に渡る金融商品を取引。サイトでは投資家交流に注力

関連コラム

児山 将の投稿

児山 将の投稿一覧へ

ビットコイン/円レート・チャート

メデイア・広告掲載について

『みんなの仮想通貨』への広告のお問い合わせ・ご相談、お待ちしております。BTC、ETHでのお支払いも可能です。

お問い合わせはこちら