ビットコイン、再び取締り強化の動きで3万ドル割れ

筆者: 松田康生

通貨 BTC ETH XRP BCH LTC
価格 3,283,735 196,396 58.5 44,457 11,943
前日比 ▼2.7% ▼1.7% ▼4.9% ▼2.8% ▼4.6%

*BCH価格はBCHNを使用

3万ドル割れ

昨日のBTC相場は下落。未明のBTCは、軟調な米株に連れ安となる展開で、3万500ドル(約335万円)付近まで下落。朝方は米市場の流れを引き継いだ日経平均が軟調な推移となり、BTCも上値の重い展開となった。

アジア時間に、大手メディアForbesが「ニュージャージー州の司法長官室の証券局が、同州に拠点をおくBlockFiに対して、一部のサービス提供停止を命令した」との内容の記事を掲載し、さらに同社CEOがTwitter上で事実を認めたことによって、BTCは大きく下落。大台の3万ドル(約330万円)を割る展開となった。

その後、100EH/sを割っていたハッシュレートが一段と下げたこともあってか、BTCは一時2万9500ドル(約325万円)まで続落した。

海外時間に入り、新型コロナウイルスの感染再拡大懸念や世界経済の先行き不透明感によって前日まで下落していた米株が、急反発して今年3月以来の上げ幅となると、BTCもやや切り返した。

しかし、これまでサポートラインとして機能していた3万ドルが、今度はレジスタンスラインとなった。2度トライするも上抜け出来ず、今朝方は2万9500ドルから3万ドルのレンジで推移している。 


【新着・関連記事】
ブロックチェーン情報でイーサリアムの価格を予測してみる

【FX Coinの新規口座開設は以下の画像をクリック!】
松田康生

松田康生

FXcoinシニアストラテジスト 東京大学経済学部 国際通貨体制専攻 三菱銀行(本部、バンコック支店)ドイツ銀行グループ(シンガポール、東京)を経て2018年7月より現職。 短国・レポ・為替・米国債・欧州債・MBSと幅広い金融市場に精通

関連コラム

松田康生の投稿

松田康生の投稿一覧へ

ビットコイン/円レート・チャート

主要通貨レート

メデイア・広告掲載について

『みんかぶ(暗号資産)』への広告のお問い合わせ・ご相談、お待ちしております。BTC、ETHでのお支払いも可能です。

お問い合わせはこちら