ページTOPへ
01月21日 11:51
相場分析・予想

ビットコイン週後半投資戦略

先週末の仮想通貨市場は急落。

そこからやはり1〜2日で回復してきてしまうこの市場をみていると、まだまだ若い相場なのかな、と考えさせられます。

株や為替ではこんなことはないのですが、新しい資本が次から次へと参入してきているため、このような現象が起こっているのでしょう。

値動きのスピードが11月下旬に130万円から100万円に急落したときと同じようなリズムです。

これはまた放おっておくと、急激に上昇をしていってしまうのかもしれません。

この上昇トレンドはトレーダー観点から申し上げますと、まだまだ終わりそうもない様相です。

 

さて、今週後半のビットコイン戦略を書き残しておきたいと思います。

ビットコインは200万円のレジスタンスラインが勝負どころ

出所:GMOコイン

 

仮想通貨FXのビットコイン円(BTC/JPY)日足チャートです。

130万円を一瞬割り込んだ以外は、日曜日に150万円付近まで浅く押したポイント以降、順調に回復を見せている感が強いです。

 

すでに高値で掴んでしまったプレイヤーは投げ売りを終えたように感じます。

日足レベルでボリンジャーバンドは収縮をはじめており、非常に良い調整期間をもたらせてくれました。

これは来年から再び上昇の期待が見込めそうです。

 

次に4時間足に時間軸を落としてみましょう。

180万円をサポートに推移?

出所:GMOコイン

 

4時間足です。

180万円付近にレジスタンスラインが引けそうなポイントがありましたが、あっさりと抜けてきましたので、今度はサポートラインとして機能しそうです。

今週後半は180万円〜200万円のレンジで一度停滞する格好が望ましいでしょうか?

 

いずれ200万円は抜けてくると考えておりますが、ちょっと回復スピードが早すぎますので、一度このあたりの価格帯で停滞をしてほしいのが本音です(笑)

 

一直線で上昇をしますと、高値圏で息切れしてしまうでしょう。その後の反動が大きくなりやすいため、理想の値動きは前述のようなパターンが望ましいです。

できれば、180万円をバックに追加の買いを入りたいと考えております。

 

添付チャートのMACDはマイナス圏からプラス圏に浮上しております。

陽転すれば、さらに上値を追いやすい展開であることが間違いがありませんから、ここらで1〜2日ほど小休憩がほしいところです。

 

その後、ボリンジャーバンドのエクスパンションと共にバンドウォークを続けますと、再び史上最高値を伺う展開となるように考えております。

 

アルトコイン市場も活況です。

2018年は巨大なグローバルバブル相場として仮想通貨市場は発展をしていくのではないでしょうか。

ビットコイン/円レート・チャート

1,413,000 (+1.40%)

みんなの仮想通貨 公式ソーシャル