ビットコインの高値更新の背景にある期待感

筆者: 松田康生

通貨 BTC ETH XRP LTC BCH
価格 6,214,300 389,225 129.4 19,769 66,037

先週金曜日対比

+2.5% ▼4.4% +7.4% ▼1.8% ▼3.9%

じりじり高値更新

週末のBTC相場は高値圏でのもみ合い。金曜日に戻り高値を更新、5万6000ドル(約630万円)台にワンタッチ、今朝方は56,000ドル台半ばまで値を伸ばすなど、順調に高値を切り上げている。

BTCは週央に5万5000ドル(約615万円)台に乗せたが、中国のマイナーなどが市場に戻ってくる国慶節明けや米雇用統計への警戒感もあり金曜日にかけて5万3000ドル(約595万円)台に値を落としていた。

その後、米与野党が債務上限問題で妥協に至ったことで下げ止まり、午後には5万6000ドル台に上昇したが、バイナンス(Binance)の南アフリカ撤退の報もあり上値を抑えられた。

注目の米雇用統計はやや弱めだったが、年内テーパリング可否の決定打とならず方向感が出ずにいると、バイデン政権が他省庁による暗号資産監督体制整備に関する大統領令を検討しているとの報道を受け5万3000ドル台に下落した。

しかしBlockFiがCME先物ベースのETFを申請かとの報を受け下げ止まると、出遅れていたXRPが1.05-1.1ドルのレンジを上抜け1.2ドル台に上昇し、BTCも5万6000ドル台を回復。今朝方は5万6000ドル台半ばに上値を伸ばしている。 


【新着・関連記事】
ビットコイン、史上最高値視野も小休止

【FX Coinの新規口座開設は以下の画像をクリック!】
松田康生

松田康生

FXcoinシニアストラテジスト 東京大学経済学部 国際通貨体制専攻 三菱銀行(本部、バンコック支店)ドイツ銀行グループ(シンガポール、東京)を経て2018年7月より現職。 短国・レポ・為替・米国債・欧州債・MBSと幅広い金融市場に精通

関連コラム

松田康生の投稿

松田康生の投稿一覧へ

ビットコイン/円レート・チャート

主要通貨レート

メデイア・広告掲載について

『みんかぶ(暗号資産)』への広告のお問い合わせ・ご相談、お待ちしております。BTC、ETHでのお支払いも可能です。

お問い合わせはこちら