ビットコイン、FTX問題の余波続くも、投資家は意外と冷静?

筆者: 松田 康生

ポイント

・1万6000ドル台でのもみ合い
・ポーランドの爆発はウクライナの地対空ミサイルの可能性
・CoindeskやGrayscaleの兄弟会社のレンディング部門で出金停止
・業界の混乱続くが、個人投資家は意外と冷静な印象

昨日のBTC相場

昨日のBTC相場は上値の重い展開。未明に1万7000ドル(約240万円)台に乗せるも失速、昼過ぎに再び1万7000ドルをトライするも失敗、結局1万6000ドル台でのもみ合い推移が続いている。

FTX破綻の連鎖的影響が懸念される中、交換所トークンの下げが一服したこともありBTCは未明に1万7000ドル台に乗せていたが、ポーランドにミサイルが着弾したとの報で下落した。

ウクライナもロシアからの攻撃と主張、G7/NATO首脳緊急会合が開かれるなど緊張が走ったが、一方でウクライナの対空ミサイルの可能性を指摘する声もあり、結局、バイデン大統領はロシアからの攻撃である可能性は低いとした。

これを受け、BTCは1万7000ドルをトライするもあと一方届かず、下げ止まっていた交換所トークンも値を下げ始める中、BTCも下落に転じた。

アブダビで開催中のイベントで、BinanceのCZ氏が月曜日に提案した業界回復基金に投資家の関心が集まっているとしたが、同席していたGalaxy Digitalのノボグラッツ氏が最悪期はまだこれからとコメントしたことも相場の上値を重くしたか。

海外時間にはGrayscaleやCoindeskの兄弟会社Genesis Global Tradingの子会社でレンディングを行っていたGenesis Global Capitalが出金を停止、衝撃が走ったが、すぐさまGrayscaleが同社には影響はない旨公表、Galaxyなどもエクスポージャーがないことを公表、影響は限定的に止まり、BTCはじりじりと値を戻している。


【新着・関連記事】

・今日の見通し|BTC相場は引き続き上値の重い展開を予想
【必見】ビットコインのレバレッジ取引で利益を出すために知っておきたいポイント
ビットコインのレバレッジ取引は楽天ウォレット|おすすめポイントや口コミを紹介

楽天グループが運営する仮想通貨取引所
楽天ポイントで仮想通貨デビュー!100ポイントから投資可能
楽天ウォレットバージョン Proは建玉管理料0.00%で提供

※本記事の意見や予測は、筆者の個人的な見解であり、金融商品の売買を推奨を行うものではありません。
投資にあたっての最終決定はご自身の判断でお願いします。

松田 康生

松田 康生

楽天ウォレットシニアアナリスト|東京大学経済学部 国際通貨体制専攻 三菱UFJ銀行・ドイツ銀行グループで為替・債券のセールス・トレーディング業務に従事。2018年より暗号資産交換業者で暗号資産市場の分析・予想に従事、短国・レポ・為替・米国債・欧州債・MBSと幅広い金融市場に精通

関連コラム

松田 康生の投稿

松田 康生の投稿一覧へ

ビットコイン/円レート・チャート

主要通貨レート

メデイア・広告掲載について

『みんかぶ(暗号資産)』への広告のお問い合わせ・ご相談、お待ちしております。BTC、ETHでのお支払いも可能です。

お問い合わせはこちら