仮想通貨FXとは、ビットコインなどの仮想通貨をFXのようにレバレッジを効かせて売買できる商品のことです。仮想通貨の現物を売買するよりも資金効率が良く、相場の下落局面でも利益をあげることができます。

今回は「仮想通貨FX」に関して、そのメリットとデメリット、各取引所のFXの商品の違いを説明したいと思います。

 

仮想通貨FXとは

仮想通貨の取引には、ビットコインやリップルを現物で売買する以外にも様々な金融商品があります。

ざっと例を挙げると、レバレッジ取引に信用取引、仮想通貨FX、ビットコインFX、ビットコイン先物。

何だかどれも似ているようで困りますよね。

簡単に説明すると、以下のように違いがあります。

  • レバレッジ取引:レバレッジを掛けて仮想通貨を売買できる。外部送金はできない。
  • 信用取引:レバレッジ取引と同様だが、レバレッジは低い。信用金利の支払いが発生。
  • 仮想通貨FX:仮想通貨をFXのようにレバレッジを掛けて売り買いが可能。スプレッドがある。
  • ビットコインFX:bitFlyerのビットコインのレバレッジ取引サービスを指す。ロールオーバー時にスワップの支払いが発生。
  • ビットコイン先物:日経平均先物のビットコイン版。bitFlyerで取引可能。

※レバレッジ取引とは、預けているお金よりも大きな資金の取引ができること

◇仮想通貨の金融商品比較表

金融商品名 スプレッド レバレッジ 信用金利 ロールオーバー金利 限月
 レバレッジ取引    
 信用取引    
 仮想通貨FX      
 ビットコインFX      
 ビットコイン先物    

これらは、どれも仮想通貨の現物を保有することなく、レバレッジを掛けて売買することができます。

つまり仮想通貨FXとは、「レバレッジ取引」であり、「空売り」ができ、取引には「スプレッド」がある金融商品のことなのです。

実は、本来仮想通貨FXという言葉は、GMOコインが提供する仮想通貨のレバレッジ取引のことを指します。

しかし仮想通貨のレバレッジ系の商品の人気が高まるにつれて、スプレッドがあり、仮想通貨をレバレッジを掛けて取引できる金融商品のことを投資家が「仮想通貨FX」と呼ぶようになっています。

スマホアプリでビットコインFXができるGMOコイン

GMOコインの仮想通貨FX

GMOコインは、4つの取引サービスを提供しています。

  • ・取引所(ビットコインのみ)
  • ・レバレッジ取引(ビットコインのみ)
  • ・販売所
  • ・仮想通貨FX

ここでGMOコインのレバレッジ商品である「仮想通貨FX」と「レバレッジ取引」との違いについてみていきましょう。

◇GMOコイン:レバレッジ取引と仮想通貨FXのサービス比較

  レバレッジ取引 仮想通貨FX
取扱銘柄 BTC/JPY BTC・ETH・XRP・BCH・LTC/JPY
取引形式 取引所形式 販売所形式
取引手数料 無料 無料
仮想通貨の現物保有 - -
レバレッジ 最大10倍 最大10倍
最大注文数量 5 BTC / 回 5 BTC / 回
最大取引数量 1,000 BTC / 日 1,000 BTC / 日
建玉保有上限 20 BTC 50 BTC
価格表示 板情報 2WAYプライス
注文方法 成行、指値 成行、指値、逆指値、IFD、OCO、IFD-OCO
売り建て
ロスカット
スマホアプリ GMOコイン 仮想通貨ウォレット ビットレ君

大きな違いは、やはり板があるかスプレッドがあるかという点です。

  • 板:売り板と買い板があり、買い手と売り手の数と量が分かる。
  • スプレッド:買値と売値の価格差があるが、大きな量の取引でも同じ値段で売買が可能。

 

また、アルトコインをレバレッジを効かせて売買したり、空売りを行うことは「仮想通貨FX」しかできません。

・レバレッジ手数料

仮想通貨FXにはレバレッジ手数料が発生します。

これは、祝日を含む毎営業日に保有する建玉に課せられる手数料です。GMOコインでは午前6時00分をまたいで建玉を保有していた場合、終値から計算した評価金額に対して、建玉ごとに0.04%/日の手数料が発生することになりす。

【例】ビットコインの終値が50万円の時に3BTC保有していた場合
3BTC × 50万円 × 0.04% = 600円

GMOコインの場合、午前6時時点で建玉を保有している場合にだけ掛かりますが、他の取引所の仮想通貨FX系のサービスでもだいたい6時前後に建玉を保有していると同様の手数料が掛かることがほとんどです。

仮想通貨FXのメリット

FXが人気のある日本で盛り上がっている仮想通貨FXですが、そのメリットは主に以下の3つとなります。

  • ・少ない資金で大きな取引ができる
  • ・下落相場でも利益を出すことができる
  • ・現物のヘッジができる

少ない資金で大きな取引ができる

現物取引では、100万円の投資資金があれば100万円までの売買しかできません。しかしレバレッジを掛けることができる仮想通貨FXでは、口座資金より大きな取引を行うことができます。

例えば、ビットコインが100万円から150万円に上昇したとします。

この時に現物の保有では50万円の利益ですが、レバレッジを5倍にしてビットコインを保有していると250万円の利益となり、その差は200万円となります。

GMOコインでは、ビットコインは10倍、アルトコインは5倍のレバレッジを掛けられることができます。レバレッジを何倍まで掛けられるかは取引所によって異なりますが、国内の仮想通貨業者では、最大25倍のレバレッジ取引が可能となっています。

また取引画面で5倍、10倍などと自分で設定することも可能です。

注意点は、レバレッジを2倍にすると利益が2倍になりますが、損失も2倍になることです。

レバレッジ25倍で、ビットコインが50万円の時に最小2万円あれば1BTCを保有することができます。しかし、ビットコインが48万円になれば※資金は0になってしまいます。
※実際はその前に強制決済されます。

レバレッジ25倍は極端な例ですが、レバレッジ取引は現物取引以上に損失のコントロールが重要となります。

下落相場でも利益を出すことができる

相場の値動きは「上がる」か「下がる」か「変わらず」の3つです。そして、仮想通貨は株式のような配当や株主優待はほぼありません。そのため仮想通貨の取引で利益を出すには、上げ下げの時に買いか売りの差益で利益を出すことが一般的です。

そのため空売りをすることができる仮想通貨FXは、下落局面でも利益を出すことができるため、単純に収益機会が2倍になる便利なサービスといえます。

2018年に、ビットコインの価格は200万円から35万円まで下落しました。

この間、ビットコインを空売りしていたとすれば※165万円の利益となります。
※手数料や税金は除く

投資といえば、「安く買って高く売る」が基本ですが、空売りをうまく使えば「高く売って安く買い戻す」ことで利益を出すことができるのです。

現物建玉のヘッジができる

仮想通貨を長期的に保有している人は、少しくらいの価格下落はあまり気にしないでしょう。それでも、下落すると分かっているようなニュースが出た時に何もしないと資産が目減りしてしまいます。

そんな時に空売りを行うことで※両建て状態となり、資産をロックすることができます。
※買い建てと売り建てを同時に保有すること。

長期投資の際には、買いで長期的な上昇の利益を得て、空売りで短期的な下落の利益を取るという戦略をとることもできます。

 

また、仮想通貨の現物を保有しないことから、ハッキングリスクがないともいえます。

仮想通貨FXサービスのある取引所比較

最後に仮想通貨FXのサービスを提供している取引所を紹介したいと思います。

  • bitFlyer:ビットコインFXを提供。板取引であり取引高は国内トップ!
  • Liquid:ビットコイン、イーサリアム、QASHのレバレッジ取引を提供
  • GMOコイン:アルトコインのFXを提供。ビットコインのスプレッドは600円程度。
  • BITPoint:ビットコインのレバレッジ取引とFX取引を提供。
  • DMM Bitcoin:6つの仮想通貨のFXを提供。XEMを売れる国内唯一の取引所

5つの項目で各取引所のサービスを見ていきましょう。

◇仮想通貨FX&レバレッジ系サービス

評価項目 bitFlyer Liquid GMOコイン BITPoint DMM Bitcoin
取扱通貨数 BTCのみ 3通貨 5通貨 BTCのみ 6通貨
取引形式 取引所 取引所 ※販売所 両方 販売所
価格表示 板情報 板情報 2WAYプライス 両方 2WAYプライス
取引手数料 無料 無料 無料 無料 無料
レバレッジ 15倍 25倍 10倍 25倍 4倍

※ビットコインのレバレッジ取引は取引所方式

これらの取引所のなかで総合的にみると、5つの通貨を取り扱っており、ビットコインはレバレッジ&FX取引ができるGMOコインが良いと思います。

スマホアプリの『ビットレ君』は、GMOクリック証券のFXネオを踏襲し、チャートを見ながら発注ができたり、使いやすく操作性の良いデザインであったりとユーザーから評価されています。

GMOコインのスマホアプリ『ビットレ君』↓

ただ、ビットコインにレバレッジを掛けて売買したいというのであれば、bitFlyerも良いでしょう。

取引手数料が無料で、出来高はLiquidの5倍ほどあり、パソコンの取引ツールのテクニカル指標も豊富です。ただ、サーバーが弱いので注文が殺到した時に約定遅延の可能性があるので、筆者はサブ口座としてLiquidを利用しています。

 

仮想通貨FXは上手く使えば、少額の資金で大きな利益を見込める非常に良いサービスです。ただ、資金管理を間違えると損失の拡大は現物取引の数倍に跳ね上がってしまいます。

 

投資は自己責任です。

ご自身の投資スタンスから、仮想通貨FXを取り入れて無理がないと感じるのであれば、是非とも投資の武器として使ってみてはいかがでしょうか。

筆者はFXから投資を始めましたので、この商品は非常に合っていると感じます。そのことから、FXトレーダーには仮想通貨への投資は仮想通貨FXとレバレッジ取引を使ってほしいと思います。

スマホアプリでビットコインFXができるGMOコイン